FC2ブログ
ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

長官の許可なしには語れません

MI5『ミッション:インポッシブル ローグ ネイション/MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION』 (2015年 アメリカ)

ベラルーシの飛行場でエアバスに積み込まれていたVXガスの奪取に成功したイーサン・ハント(トム・クルーズ)とそのIMFの仲間たち。彼らは1年前から、どこの諜報組織も実態をつかめていない謎の犯罪組織「シンジケート」を追っていた。
次の指令を受け取るべくIMFのロンドン支部を訪れたイーサンだったが、そこはすでにシンジケートの手に落ちており、仲間の連絡員は射殺、イーサンは密室で気を失う。
そのころワシントンでは、度重なるIMFの暴挙を問題視したCIAがついにIMFを解体。そしてIMFがかねてより追っていたシンジケートも、IMFが自らの存在意義のために作り出した架空のテロ組織であると断定し、召喚に応じないイーサンを反逆者とし国際手配する。
いっぽう、拘束されたまま拷問器具の並んだ部屋で目覚めたイーサン。今まさに自分を痛めつけようとしてるのは、3年前に死んだはずのヤニク・ヴィンターという男。すんでのところで謎の女性に助けられたイーサン。彼女の手引きで脱出に成功するも、その女性はその場に残っていた。シンジケートは死亡あるいは行方不明となっている元諜報部員で構成されていることに感づく。
またイーサンを助けた謎の女性は、イギリスのシークレットサービスMI6の女性諜報員イルサ。彼女もまたシンジケートを追っており、任務でスパイとして組織で活動していた。



ついにイーサン祭り最終日(笑)

MI5





続きを読む

スポンサーサイト

119階からは落ちたくない

MI4『ミッション:インポッシブル-ゴーストプロトコル/MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL』 (2011年 アメリカ)

IMFの諜報部員ハナウェイはブタペストで運び屋から核ミサイルの発射コードが記録された機密ファイルを奪う簡単なミッションに就いていた。しかしミッション途中、フランス人の暗殺者サビーヌ・モロー(レア・セドゥ)に殺されファイルを奪われる。

妻のジュリアを殺害され復讐のためセルビア人6名を射殺したため、ロシアの刑務所に服役中のイーサン・ハント(トム・クルーズ)。モローが奪った機密ファイルがコードネーム「コバルト」の手に渡る前に奪取するミッションのため組織の手引きによって脱獄。
「コバルト」の情報を探り出すべく、メンバーと共にクレムリンに変装して侵入したイーサンだったがすでに情報は消され、敵によって証拠隠滅のためクレムリンは爆破、イーサンは爆破の衝撃で意識を失う。
クレムリン爆破の容疑をかけられたイーサンのチームは、米国が関与を否定したためIMFの登録を抹消されテロリストとして追われる身となる。イーサンは病院からすぐに脱出、迎えに来たIMF長官と分析官のブラント(ジェレミー・レナー)の乗った車に乗り込んだが、ロシアの諜報部員アナトリー率いる部隊に銃撃される。
長官と運転手は死亡、なんとか生き残ったイーサンとブラントは他のメンバーと合流しモローと「コバルト」が取引を行うドバイの高層ビル「ブルジュ・ハリファ」へと向かう。




おおー
だんだん渋くなってくるイーサン君
いいねぇ~
MI4
この時で49歳

続きを読む

ほんでラビットフットって何??

MI3『ミッション:インポッシブル-3/MISSION: IMPOSSIBLE III』 (2006年 アメリカ)

CIAの特殊組織IMFの敏腕エージェント、イーサン・ハント(トム・クルーズ)は現役を引退し教官として若い工作員の指導にあたっている。落ち着いた生活を手に入れた彼はジュリア(ミシェル・モラハン)という美しい女性と婚約(いつの間に!!??)、しかし国家機密の仕事をしているため彼女には交通局の局員であると嘘をついていた。
婚約パーティーのさなか、IMFのマスグレイブ(ビリー・クラダップ)からかつての教え子のリンジー(ケリー・ラッセル)がミッション中にベルリンで拘束されたとの情報を聞かされる。闇ブローカーのデイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)が絡んでいることまで確認したため、イーサンは、ジュリアに急な出張とうそをつき、リンジー救出のミッションを行う。
ベルリンで、廃墟となった工場に潜入し、チームメンバーとともに無事リンジーを救出したイーサンだったが、脱出ヘリの中でリンジーの頭の中に仕掛けられていた小型爆弾が爆発し目の前で教え子を失ってしまう。
ミッションは失敗、今回のド派手な救出劇にマスグレイブとともにブラッセルIMF局長から叱責を受け、かつイーサンの教官としての指導力まで問われることになった。妹同然だった教え子を失ったショックも大きい。
リンジーの葬儀から帰ろうとしたその時、バージニアの郵便局からリンジーが生前にイーサン宛に送った絵葉書があると連絡が入る。そのハガキには切手の裏にマイクロチップが隠されていた。ルーサー(ヴィング・レイムス)の知人に解析を頼んだところブラッセル局長とデイヴィアンが通じているビデオファイルだった。
一方、デイヴィアンがバチカン市国の慈善パーティーに出席することを知ったイーサンはリンジーの恨みを晴らすべく、チームと共にバチカンに密入国する――




いい感じにトムが年取ってきました!!!

MI3

役の中でも熟練エージェントみたいやし

続きを読む

やっぱハト飛んでましたね~

MI2『ミッション:インポッシブル-2/MISSION: IMPOSSIBLE 2』 (2000年 アメリカ)

バイオサイト製薬のネコルヴィッチ博士は自身が開発した感染後20時間で死に至る「キメラウィルス」とその抗体「ベレロフォン」を旅客機でシドニーからアトランタへ輸送する予定だった。博士は絶大なる信頼を寄せているIMFメンバーのイーサン・ハント(トム・クルーズ)に護衛を依頼したがあいにくイーサンは休暇中だったため、IMFのアンブローズ(ダグレイ・スコット)がイーサンに変装をして博士と飛行機に同乗していた。
しかし欲に目がくらんだアンブローズは博士を殺害しキメラに感染した血液とベレロフォンを強奪、手下と共に墜落直前の飛行機から脱出する。キメラウィルスが蔓延すればベレロフォンが恐ろしい勢いで売れ、バイオサイト社の株が高沸するはず・・・。
休暇を楽しんでいたイーサンのもとに緊急のミッションが送り付けられてくる。6か月前に別れたばかりのアンブローズの元恋人ナイア(タンディ・ニュートン)に接触を図るイーサン。激しいカーチェイスの末、ナイアを味方につけアンブローズの元へと潜入させる。
ナイアに未練のあったアンブローズは、シドニーの別荘に発信器を埋め込まれた彼女を疑うことなく迎え入れる。
イーサンのためにアンブローズの元へ潜入したナイア、彼の計画を暴くべくポケットからSDカードを盗みイーサンに渡す。しかしそれがもとでナイアの裏切りに感づいたアンブローズ・・・。




はいっ
引き続きイーサン祭り開催中です

なんか策略めいた1作目とは打って変わってアクション重視な作りになった2作目・・・

やはり

ジョン・ウー

あんたとは相性がいまいちみたいやわ・・・

MI2
たぶん、このおねーちゃんがぷるる的にいまいちやったってのもあるかも・・・

続きを読む

ぴちぴちイーサンくん

M:I 『ミッション:インポッシブル/MISSION: IMPOSSIBLE』 (1996年 アメリカ)

極秘諜報部隊IMFに所属するベテラン諜報部員のジム・フェルプス(ジョン・ヴォイト)を司令官とするスパイチームがプラハのアジトに集結していた。任務はCIAの諜報部員リストを半分盗んだアメリカ大使館員のゴリツィン(マイセル・イウレス)と買い手の拿捕。
ゴリツィンが現れるはずの大使館パーティーに潜入したIMFチームのイーサン・ハント(トム・クルーズ)達はそれぞれ作戦任務にあたっていた。しかし任務遂行中に次々と仲間が殺されてしまった上に、残り半分の諜報部員リストも盗まれてしまう。
ひとり生き残ったイーサンはCIA本部のキトリッジ(ヘンリー・ツェーニー)とカフェで落ち合います。
大使館パーティーに自分たち以外のIMF部員がいたこと、本部のキトリッジがプラハにいたことなど不審な点が多いことを詰め寄ると、キトリッジは今回のミッションはIMFにいる内通者をあぶりだす囮作戦だと明かす。そして内通者の嫌疑がかかっているのが一人生き残ったイーサン・ハント・・・。
一転追われる立場となったイーサンは、身の潔白を証明するため本物の内通者と諜報部員リストを盗ませた「マックス」という謎の人物との接触を図る。
もう一人の生き残り、ジムの妻クレア(エマニュエル・ベアール)と合流し、IMFの解雇職員から、イーサンはハッカーのルーサー(ヴィング・レイムス)とクレアはフランツ(ジャン・レノ)ををスカウトして4名のチームを結成する。





はい!
予告通りイーサン祭り開催です

M:I
ぴちぴちイーサンくん!
んんー、やっぱりぴちぴちイーサンくんには琴線触れないなぁ~(笑)

続きを読む

今日は何日?
09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS