ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

足のない鳥

欲望の翼
『欲望の翼/阿飛正傳』(1990年 香港)

1960年の香港。
サッカー場の売店で働くスー(マギー・チャン)は、客のヨディ(レスリー・チャン)という青年に口説かれる。いつのまにか彼の部屋へ通うようになり、やがてスーはヨディに結婚の話を切り出す。スーの気持ちが重くなってきたヨディはやがてスーから離れて行き、成り行きで知り合ったクラブダンサーのミミ(カリーナ・ラウ)と付き合い始める。
ヨディを忘れられず彼の部屋の前で傷つくスーをなぐさめたのは、警ら中の警官タイド(アンディ・ラウ)。
義母に育てられたヨディは、やがて本当の母親に会うためにすべてを香港へ残してフィリピンへと旅立つ。
ヨディに捨てられ泣き崩れるミミにひそかに思いを寄せていたヨディの親友サブ(ジャッキー・チュン)。彼はヨディから預った車を売り、その金をミミに渡してやる。そしてミミは後を追うようにフィリピンへ。
本当は船乗りになりたかった警官タイド。母の死をきっかけに船乗りになり彼もまたフィリピンへ。





いわずとしれたウォン・カーウァイ×クリストファー・ドイルを世に知らしめた作品
このタッグの映画は、きっとダメな人はダメなんだろうなぁ~と観るたびに思う。

観終わった後に決してすっきりするわけではないんだけど
なんとも言えないノスタルジックな気分にひたれます

昔は受け付けなかった群像劇
カーウァイさん見始めたのだってここ数年
でも、この映像にひたるとここちいいのよね~

ワタシの一番好きなシーンは
売店でスーとヨディが一分間の友達になるシーン
この映画の中で一番ドキドキしちゃいます




最後になんの脈絡もなく出てくるギャンブラー役のトニーさん
本来なら後半の主人公になるはずやったんやけど
どうやら撮ってる間にレスリー主役の前半部分が長くなって
おまけにお金が無くなっちゃって
結局後半部分は幻と化してしまったらしい

ん~
トニー主演の後半が観たかった・・・






スポンサーサイト
今日は何日?
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS