ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

お迎えはぜひ彼でお願いします

トッケビ『トッケビ 寂しく燦爛たる神~鬼~』 (2016年 韓国ドラマ)

道端で野菜を売る老婆が買い物に来た女性の腕をつかんで言う
「生死をさまよう瞬間に遭遇したなら切実に祈りなさい。もしかすると気の弱い神が聞いているかもしれないからね。」

高麗時代、最強の武将として民に神とあがめられていたキム・シン(コン・ユ)
しかし凱旋した彼を待ち受けていたのは謀反の嫌疑だった
奸臣パク内官の佞言により、キムの活躍に畏怖を抱いた幼い王は、彼を逆賊とし妹の王妃もろとも討ち殺してしまった。
謀反人として弔うことも許されず、剣が刺さったまま蕎麦の畑に打ち捨てられたキム・シンの遺骸。
戦場で多くの人間の血を浴びた剣、ついには主人の血をも浴びたその剣に怨念が宿りトッケビ(鬼)となる・・・。

雪の降る夜、一人の妊婦が車にはねられた。息も絶え絶えな妊婦は、以前野菜の辻売りのおばあさんに言われた言葉を思い出す。
「もし神がいるのなら・・・・!!!!!」
トッケビ(鬼)となり900年もの間、不滅の身でさまよってきたキム・シン
そんな彼の耳にうっかり入ってしまった切実な願い
人間の生死には関与しないはずだったが、今夜は人が死ぬのを見たくない

血まみれの現場に母子を迎えにやって来た死神(イ・ドンウク)。
しかしそこに屍は無く、彼の手元にあった死者の名前が書かれたカードが静かに白紙になってゆくのだった。

そして助けられた女性は無事女の子を出産する
「トッケビの花嫁が生まれたよ」
幽霊たちがささやき合う・・・

トッケビ





どうしよう。。。
やばい
かっこいい

ドンウクssiかっこいいーーーーー!!!!!
トッケビ

「最強ロマンス」以来よね
たしかこの時もドンウクssiかっこいい!って叫んでたような気がするw



続きを読む

スポンサーサイト

合言葉はダンギョル!!!

太陽の末裔『太陽の末裔』

特殊戦司令部テベク部隊のアルファチームチーム長ユ・シジン大尉(ソン・ジュンギ)と、副チーム長ソ・デヨン(チン・グ)は久しぶりの休暇を楽しんでいた。ふたりでカフェに入っていたところ突然聞こえてくる「泥棒!」の声。とっさにミニバイクで逃走しようとしていた犯人を取り押さえたふたり、そのまま犯人が怪我をしていたため応急処置を施し救急車へ。救急車でついたヘソン病院で出会った医師モヨン(ソン・ヘギョ)に一目惚れしたシジンだったが、運び込まれた犯人ギボムを暴行したやくざだと間違われ相手にされない。
しかしその後、病院を出たギボムがチンピラに絡まれているところを助けたことから誤解が解け、徐々に二人の距離は縮まってゆく。
しかし特殊任務につくシジンと胸部外科医のモヨン、お互い忙しくすれ違いが大きくなり、軍人であるシジンが受け入れられなくなったモヨンは彼と距離を置くことにする。
太陽の末裔

それから8カ月
テレビでヘソン病院の顔として活躍するモヨンだったがなかなか教授にはなれない。そんなある日、病院の理事長に突然ホテルに連れ込まれ、怒り狂って理事長を殴り倒してしまった。この一件が原因で医療奉仕団のリーダーとしてウルクに派遣されることとなったモヨン、数日後、数人の同僚とウルクへと旅立つ。
赴任先のウルクで彼女達を受け入れる部隊の隊員がやってくる。先頭を歩いてくるのはシジン・・・。

太陽の末裔







ここ近年観たドラマで、「星から来たあなた」に匹敵するぐらいワタシのハートを鷲掴み♡

まーーーーったくの範疇外やったソン・ジュンギがこんなにカッコよく見えるなんて♪♪
これぞドラママジック
太陽の末裔



続きを読む

この病院に入院したい

ドクター異邦人『ドクター異邦人』 (2014年 韓国ドラマ)

1994年韓国 天才胸部外科医パク・チョルのもとへ国会議員のチャン・ソクジュが訪れる。
北の最高指導者金日成の心臓手術を行わなければ韓国が戦地になると・・・。
北へ渡り、厳戒態勢のなか執刀するチョル。手術は無事成功するが、戦争回避の功績を独り占めしたいソクジュ議員の陰謀により祖国へ帰れなくなったチョル医師と幼い息子のフンは北朝鮮人民として生きてゆくことを余儀なくされる。

平壌の医大へ進学したフン(イ・ジョンソク)。幼いころ突然連れて来られた異国で初めて知り合った女の子ジェヒ(チン・セヨン)、彼女も同じ医大に進学し、二人は心を寄せ合っていた。
ある日、ジェヒの両親が政治犯として当局に拘束された。フンの目の前で収容所へ連行されるジェヒ。そしてフン自身も国家の医療研究機関へ研究員として強制的に入れられてしまう。
研究員として人体実験のような手術を繰り返してきたフンの目の前に一組の父娘が運び込まれてくる。その娘はまぎれもなく探し続けていたジェヒだった。
手術によりジェヒの一命をとりとめたフンは二人で亡命を試みる。しかしソクジュの妨害に合いハンガリーで再び引き裂かれてしまった二人。


ドクター異邦人


2年後
韓国に渡り、闇医者として働くフン。ジェヒの行方を捜すために何度も北朝鮮への密入国を試みるが失敗。

ミョンウ大学病院の若き胸部外科医ハン・ジェジュン(パク・ヘジン)。恋人は同じ胸部外科医でミョンウの理事長の娘オ・スヒョン(カン・ソラ)。彼には目的があった・・・城を手に入れるにはまず姫から・・・。
飲料水の配達のためミョンウ大学病院を訪れたフン。彼はそこでジェヒそっくりの女性を見掛ける。慌てて女性を追いかけるフンだが、女性は救急車の乗り込み去って行ってしまった。間違いない!あれはジェヒだ!!

ドクター異邦人


ジョンソクくんに急降下したチングに面白いから!と貸してもらいました。
うん!面白かった!!

かなり無理無理な設定もあったけど(笑)
そこらへんさえ目をつぶれば無問題

天才執刀医的なドラマ、あたしツボなのかも~♪
思い出すアンソンセンニム~~(笑)

続きを読む

大丈夫、愛だ

超放置プレイでしたww

ここは、とりあえず見たものため込んでるワタシの大事な書庫のような場所なので、細々とでも書き留めておこうかと・・・

大丈夫、愛だ

ワタシの大好物インソンくんのドラマ
「大丈夫、愛だ」

インソンくん相変わらずかっこいいです♪♪

大丈夫、愛だ

たまらん身長差(笑)
ギョンスや~~~


続きを読む

そんなとこで手術したらあかんってー!

 
Dr.JIN 『Dr.JIN』 (2012年 韓国ドラマ)

天才神経外科医のジン・ヒョク(ソン・スンホン)は急患で運ばれてきた硬膜外血腫の患者の手術を行っていた。手術中に患者の脳に腫瘍が見つかったため急遽その腫瘍を取り出したところ、なんと胎児の形をした腫瘍だった。と、突然「帰らなければ!」という声が頭の中をかけめぐったかと思うとヒョクは激しい頭痛を起こし倒れてしまう。

ヒョクの勤める大学病院のレジデントのユ・ミナ(パク・ミニョン)。 彼女とは幼馴染であり恋人である。
ある日ミナは医療奉仕活動の最中に、知り合いの男性が頭を強く打ち意識不明の重体になったところに遭遇する。あわててヒョクのもとへ彼を救急搬送したミナは彼に手術を懇願する。しかし「もう手遅れだ」と手術を拒むヒョク。
「だめかもしれないけれどお願いだから手術をして欲しい!」とヒョクに頼むが、彼は「無理なものは無理だ」とミナの要求をはねつける。そうこうしているうちに男性は息を引き取ってしまった。
「私がこうなってもあなたは手術を拒むのね」
そう言い残して病院を飛び出したミナ
その直後、彼女は交通事故に巻き込まれ瀕死の重体でヒョクの元へ担ぎ込まれてしまう。

ミナの執刀をするヒョクだったが、手術中、突然先ほどの頭痛が彼を襲う。
なんとか一命は取り留めたものの、彼女の意識は戻らず危険な状態に・・・
病院の屋上で失意に暮れる彼のもとへ、先日脳腫瘍の摘出手術を行った男性がヒョクが保管していた胎児型の腫瘍を持って現れる。
「帰らなければ・・・」と病院の屋上から飛び降りようとする男性。
男性を止めようと身を乗り出したヒョクは誤って病院の屋上から転落してしまった。
Dr.JIN

気が付けば林の中で泥まみれで倒れていたヒョク
携帯電話もつながらない。ここはどこだ?
時代劇の撮影だろうか?
朝鮮時代の衣装に身を包んだ男たちが切り合いをしている
そして・・・馬上の人物がヒョクに銃口を向ける。
命からがらその場を逃げ出したが、途中うっかり崖から足をすべらせてしまう。助けを求める声に一人の男性が応じ、すんでのところで引き上げられたが、朝鮮時代にタイムスリップしたと知り愕然とする。

わけもわからないまま役人から追われる身となったヒョクは、逃げる途中、ミナにそっくりの女性に出会う。
我を忘れてその女性を追いかけるヒョク。
彼女がなぜここに!?






はじめまして!
スンホンssi~♪

Dr.JIN

我ながらびっくりなんだけど、動くスンホンssiお初です
男前だねー
うんうん
なんか整い過ぎてて・・・こわい(笑)

ジェジュンも男前やと思うんやけど
並ぶとやっぱ整い方がハンパないのがわかります


Dr.JIN
オモッ!アンソンセンニーム!(笑)

続きを読む

今日は何日?
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS