ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケバブはお口に合いませんか?

アベンジャーズ『アベンジャーズ/THE AVENGERS』 (2012年 アメリカ)

神々の国、アズカルドから宇宙空間へ追放されたソーの義弟ロキ(トム・ヒドルストン)。ソーへの復讐の思いに駆られるロキは、宇宙人種族チタウリと手を組み地球征服を企む。
国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の研究施設にある四次元キューブが暴走を始めた。無限のパワーを秘めているとされるキューブはその力でワームホールを作り出すことが出来る。突如開いたワームホールから降臨したロキ。コズミックスピアを手に入れ、その場に居合わせた研究者のセルヴィクやホークアイ(ジェレミー・レナー)を洗脳し味方につけてしまった。
地球の危機を前にして長官のフューリー(サミュエル・L・ジャクソン)はアベンジャーズの結成を決意する。






映画館で『エイジ・オブ・ウルトロン』を見て
これは前作を見なくちゃ~
と思って、ようやく鑑賞


やっぱかっこいいぜ!スターク!!

スターク

続きを読む

スポンサーサイト

世界を滅ぼすのは・・・

アベンジャーズ2『アベンジャーズ・エイジ オブ ウルトロン/AVENGERS: AGE OF ULTRON』 (2015年 アメリカ)

アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)、ソー(クリス・ヘムズワース)、ハルク(マーク・ラファエロ)、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)ら、マーベルコミックのスーパーヒーロたちによって結成された”アベンジャーズ”

ヒドラの残党バロン・フォン・ストラッカーの研究所でロキの杖を使い人体実験を行っているとの情報を入手したため、研究所の襲撃に向かったアベンジャーズ。ロキの杖を取り返しに来た彼らの前に、ヒドラの実験で能力を得た双子の姉弟ピエトロとワンダが立ち塞がる。
大きなダメージを受けながらも、なんとかロキの杖を奪い返したアベンジャーズ、一足先に戻ったスターク(アイアンマン)とバナー(ハルク)はロキの杖に人工知能が埋め込まれていることを発見、スタークは自らが構想していた人工知能による平和維持システム『ウルトロン計画』をバナーに発案する。危険すぎると反対をするバナーを何とか説得し、他のメンバーに告げることなく『ウルトロン計画』は密かに薦められていた。

しかし、突然、自我を獲得した人工知能ウルトロンは、スタークのプログラミング人工知能J.A.R.V.I.S.を攻撃し劇的な進化を遂げる。そして平和維持装置ウルトロンの導き出した結論は・・・平和維持のためもっとも邪魔な人類を排除すること――

アベンジャーズ2 










前作のアベンジャーズもアイアンマンもキャプテンアメリカもなーんも見たことありません!

はじめまして!!

そして生まれて初めての3D





アメコミ系映画で見たのは、バットマンとスパイダーマンと、めっちゃはまったXメンだけ
誰も、アベンジャーズ2に出てこなかったなぁ~(笑)





前知識皆無!
でもめっちゃおもしろかった!!

こういうお祭り映画大好き♪♪♪













続きを読む

夜光石ってステキね

oucyou  『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件/DETECTIVE DEE AND THE MYSTERY OF THE PHANTOM FLAME』 (2010年 中国・香港)

689年、唐王朝時代。中国の歴史上唯一となる女帝、武則天誕生を目前に控えた中国。
自らを弥勒菩薩の生まれ変わりと豪語する彼女(カリーナ・ラウ)は、即位式を目前に自身をモデルとした巨大な仏塔『通天仏』の建立を急がせていた。
そんな折、通天仏の建設の責任者の一人であった工部副長官のジアが建設中の通天仏を客人を案内中に突然発火。全身火達磨になり絶命。
ジアの死因検分のため現場へやってきた大理寺(法務機関)の長官シュエと部下のペイ・ドンライ(ダン・チャオ)
人夫頭のシャトー(レオン・カーフェイ)を取り押さえ真相を追究すると、殺されたジアは通天仏の支柱にびっしりと張りめぐらされた国師の護符を無断でずらし、そのためたたりが降りかかったのだと言う。
人夫たちの迷いごとを断ち切るべく、シュエ卿は台座に飛び乗りひしめく人夫たちの目の前で無造作に護符をひっぺがしてしまう。

事件を奏上すべくシュエ卿とペイは馬に飛び乗り宮廷へ向かう。その途中、シュエ卿の体が突然発火。則武天の目の前で灰と化してしまう。

政権の要人が二人も相次いで発火するという事件の真相をつきとめるべく、武則天は8年前に自ら投獄したディー・レンチェ(アンディ・ラウ)を呼び戻す決意をする。
かつて大理寺の最高判事であったディー・レンチェ。8年前、皇帝の死後政権を掌握した武則天を非難し投獄されていたのだが、その類希なる推理力と人並みはずれた武術の腕をもって今回の発火事件を解決せよとの勅命を受ける。
武則天の側近チンアルと大理寺司法官ペイと共に発火事件の真相を突き止めるべく捜査に乗り出すのだが・・・

oucyou



とつぜん半日のオフ
でも映画を見に行くパワーは無く ;;
おっと、前から見たかった映画を見よう!と
ようやく手にしたD判事

でかしたツイ・ハーク!!
やっぱあんた最高だよ!!!!!



続きを読む

部屋のインテリアに木人椿が欲しい・・・

ipman2 『イップ・マン 葉問/IP MAN2 葉問2』(2010年 香港)
日本兵に撃たれたイップ・マンは親友のチョウ(サイモン・ヤム)の助けをかりて家族と共に香港へ逃げのびる。

1950年、イギリスが統治する香港。詠春拳の道場を開いたもののなかなか弟子は集まらない。当時、香港ではホン(サモ・ハン・キンポー)率いる洪拳が幅を利かせていた。そんな中ウォン(ホァン・シャオミン)と名乗る若者が一騎打ちを願い出る。血気にはやるウォンを軽くいなしたイップにウォンは感服。仲間と共に弟子入りする。

道場もなんとか軌道に乗り始めたかと思われたある日、洪家の若者とウォンがトラブルを起こしてしまった。
とらわれた弟子を助けるために洪家に出向いたイップにホンが香港で道場を開くなら、各派の師範の挑戦を受けなければならないと言う。
しかたなく挑戦を受けたイップは次々と師範を倒してゆき、ついに痺れを切らしたホンとの対決となる。

ホンとの対決は決着がつかなかったものの、師範として認められたイップ、しかしここへきて上納金を払えと言われ激昂。対決は掟としてしかたないが、私服を肥やすための上納金は納められないと言い捨てその場を立ち去ってしまった。

ipman2

しかし、ホンもまた苦悩していた。自らが抱える大勢の弟子たちと中国武術を守るため、多額の金をイギリスからやってきた地元の警察署長に言われるがままに納めていた。
そんな折、ホンの弟子とイギリス人ボクサーとの試合がセッティングされる。
試合当日、中国武術を愚弄した言動をとるイギリス人ボクサーについに堪忍袋の尾が切れたホン。
中国武術の誇りをかけ、愚弄したボクサーとリングの上で戦う羽目に。しかし持病を抱えるホンは発作を起こしたところに雨のようなパンチを浴び、帰らぬ人となってしまう。
そしてホンの無念を受けたイップがふたたびイギリス人ボクサーと戦うことになったのだが・・・




前作、序章の続編。
そりゃあなた。
サモハンにシャオミンくん♪
いや~!豪華!豪華!

ipman2






続きを読む

疲れた時にはマーシャルアーツ!

ipman 『イップ・マン 序章/IP MAN 葉問』 (2008年 香港)

1930年代の中国広東省。武術の道場が立ち並ぶ仏山は、景気も良く、町のあちこちから修練の掛け声が聞こえてくる。
その町のかたすみに建つ一軒の屋敷。そこには詠春拳の達人、葉問(ドニー・イェン)が、妻と幼い息子と穏やかな日々を過ごしていた。
町一番の武術の使い手として人々の信望を集めていた葉問だったが、決して弟子はとらず自身で道場を開くこともしていなかった。しかし、折々腕に自信のある者が葉問の名声をききつけて勝負を挑みにやってくる。しかし彼は決して負けることは無い。


1937年日中戦争勃発
葉問の屋敷と財産は仏山を占領した日本軍に没収される。
一家は小さなあばらやに移り住むことになり、日々の食事にも困るようになってしまった。葉問も武術を封印し、日雇いの石炭運びで食い扶持をつなぐようになる。

仏山を占拠した日本軍の司令将校・三浦(池内博之)は空手の名手、部下の空手の稽古相手に中国人を一人米一袋で集めていた。
石炭労働で再会した友人が、日本軍の空手の稽古に出かけたまま帰らないのを不審に思った葉問は、友人の行方をさぐるため日本軍の空手の稽古相手に志願する。
日本軍の道場へ連れて行かれた彼はそこで友人が日本軍によって殺されたことを確信し、日本兵10人を一度に相手にした戦いを申し出た。決して人を傷つけることの無かった彼の拳は怒りのままに10人の日本兵を叩きのめし、米10袋を褒美として渡そうとした三浦に自分は米のためにきたわけではない、そしてもう二度と来ることはないと言い捨てる。そして立ち去ろうとした時三浦に名を尋ねられるが「ただの中国人だ」とのみ答えてその場を立ち去った。しかし葉問の身を案じた同胞の通訳は「彼の名は葉問、また来る」と通訳してしまう。


なかなか現われない葉問にしびれをきらした三浦に探索を命じられた部下が、彼の自宅を襲撃する。
愛する妻と息子を守るためやむなく日本兵を手に掛けてしまった葉問は反抗分子として追われる身となったため、通訳の自宅にかくまわれる。
しかし、友人の綿花工場が盗賊の襲撃に合い大立ち回りを演じてしまった葉問。綿花工場は救ったものの、自身は日本軍に通報され多くの日本兵に取り囲まれて連行されてしまった。
三浦に、日本軍の格闘師範になれば反抗の罪を問わないと提案されるが、頑なに拒否。
自分の武術を知りたければ、自分と戦ってみろと三浦に言い放つ。
そして日中文化交流の名の下に、三浦と葉問の一騎打ちの舞台が整えられるのだが――――

ipman





疲れると 見たくなるのは カンフー映画。

アタシだけ?(笑)




ひさびさの映画。
ひさびさのマーシャルアーツ。
ひさびさのドニーさぁぁぁん♪♪


ipman





続きを読む

今日は何日?
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。