ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬じゃなくってねずみなのねー。

ディパーテッド『ディパーテッド/The Departed』(2007 アメリカ)


マサチューセッツ州ボストン南部。今、二人の警察官を志す若者が優秀な成績で警察学校を卒業しようとしている――犯罪者の一族を持ち、そんな自分の生い立ちと決別するべく警察官を志したビリー・コスティガン(レオナルド・デカプリオ)。マフィアのボス、フランク・コステロ(ジャック・ニコルソン)に内通者となるべく送り込まれたコリン・サリバン(マット・デイモン)。
卒業後間もなく、警察への飽くなき忠誠心と彼自身の生い立ちをかわれ、潜入捜査官として先の見えない人生を歩み始めたビリー。一方、【ねずみ】でありながら、マフィア撲滅の特別捜査班の最前線に任命され、エリートコースを歩み始めたコリン。
それぞれが恋人にすら明かせない別人になりすました新たな人生が始まるのだが―――


 


 


香港ノワールの最高傑作『インファナル・アフェア』のハリウッドリメイク版。


『インファナル~』の一作目が公開されるや否や、ハリウッドでリメイク!しかも主演はブラピ!?と騒がれたほど世界が注目した驚愕のストーリー。
ブラピは製作側に回ってしまいましたが、プリオとマットという豪華な共演。(ぷるるが名前しってるハリウッド俳優ってだけですごいよー!)


オリジナルに思い入れが強い分(ヤンに惚れてしまってるからか?!)、「どうなんだよ~。プリオ、へたくそだったらただじゃ済まさないぜーーーー!!」と鼻息荒く(?)、期待半分に観に行きました。


 


 


プリオやるじゃん!

続きを読む

スポンサーサイト

今から修行に行ってきます

昨年の秋にこの本を発見して以来、ずーーーーっと欲しいなー欲しいなーと思っていたものの、なかなか手が出ず、本屋へ行くたびに横目でちらちら・・・・。


でも、先日のフリマの(微々たる)売り上げで、ついに買っちゃいました♪



武侠映画の快楽『武侠映画の快楽』


 


 


 


人はなぜ空を飛ぶのか?


 


『グリーンデスティニー』に『英雄』、『スウォーズマン』に『倩女幽魂』


この手の映画を観れるか否かは、ずばり
【ビジュアル的な軽功】
これが受け止められるか否か、にかかっていると思います。




無名けっして武侠モノに出てくる侠客たちは、アンドロイドでもミュータントでもありません。
それなりの修行を積んだ生身の人間なんです。
そう!スーパーマンと無名の違いはまさにそこなんです!!



彼らは厳しい修行で武芸と精神力を鍛えているのです。
外功、内功を鍛えた彼らにとって、水面をつま先で走りぬけるとか、急斜面を駆け上がるとか、その場で天井まで飛び上がるなんてのは、サイテー限の身だしなみ、江湖で渡り歩く必須ジョブなのです。




まだ4分の1ほどしか読み進んでいませんが、なぜにぷるるがここまで武侠モノが好きなのかっ、というのが、まさにそうそうそう!というカンジで書いてあります。
毎ページごと、うんうんうなづきながら読んでます。




ぷるると一緒に江湖を渡り歩きたい方はぜひぜひ読んでみてくださいませ!


 



やっぱりすごいぜガンダルフ!

X-メン2『X-メン2/X-MEN2』(2003 アメリカ)


人類との共存を望むエグゼビア=プロッフェッサーX(パトリック・スチュアート)率いるX-メン。
先の戦いで、人類滅亡を図ったマグニートー(イアン・マッケラン)を牢獄へ送ることに成功したが・・・
ある日、謎のミュータントによる大統領暗殺未遂事件が起こる。人類によるミュータント批判は高まり、その波はついにX-メンにもおよぶ。そんな中、プロフェッサーの運営するミュータント保護のための寄宿制学園が何者かによって襲撃される。逃げ惑うミュータントの子供たち、子供たちを守るウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)の前に元陸軍司令官でありミュータント生体実験の関与をうわさされるストライカー(ブライアン・コックス)の姿が―――


 


はい。すっかりX-メンにはまってしまいました。


やっぱり、この手の「オンナも強いぜ!」的な設定に弱いぷるるでございます。
前回はミュータント(ホモ・スペリオール)間の抗争でしたが、今回はホモ・サピエンスVSホモ・スペリオールです。
監督は前回同様ブライアン・シンガー。

デスストライカーそして、今回悪役ながらにかなりかっこよかったのが、ウルヴァリンと死闘をくりひろげたストライカーの片腕美女デスストライク(ケリー・フー)。ウルヴァリンと同様アダマンチウムを全身の骨格に移植され、アダマンチウム製の長い爪を武器とする彼女の身のこなしは感涙もの。ケリー・フー自身が空手の黒帯を持つ達人。うーん、さすが!



マグニートーんで、1と2を観た時点で思うのは、やっぱガンダルフってすげー!!
正しくはガンダルフ演じるマグニートーって強いじゃーーーーーん!!
あのヘルメットの美的センスへの不信感はなかなかぬぐえないが、人間の鉄分までも武器にしてしまう強さにほれぼれ~。


 


 


 


 


 でも、このお話ってすごーく差別とか人権とかのバックボーンがからんでるんだよね。
こういうのってやっぱりああ、アメリカのストーリーだなーと思ってしまう。


そして前にも増して、原作読んでみたいーーーーという衝動にかられる。
でも、この原作ってゼッタイめっちゃ長いような気が・・・。
ううーーむ・・・。

「ゴ」 レンジャー!

おそろしくかみ合わない話で激しく盛り上がる睦月さんとこからまたまた回ってきたバトン。


「ゴ」レンジャーバトン


なるべく正直に?


オーライ!レッツゴー!


 


 

続きを読む

恭喜恭喜!やはり功夫帝王李連杰

我らが師父こと、李連杰が『香港電影評論学会』で最佳男演員を受賞~♪
ドンドンパフパフ~♪♪


『黄金甲』の周潤發を押しのけての受賞!!さっすがーー!!


香港電影評論学会


(ちなみに去年はレオン・カーフェイが受賞してます)


やはり『霍元甲』での受賞は格別でしょう!
さすがの師父もにわかには信じがたかったご様子。
もー、師父ったら、ご謙遜を・・・。


最後のマーシャルアーツといいながら、また辮髪かいっ!しかもJJプロジェクトってどないやねんっ!と思っていたら、この『霍元甲』を境に、映画はビジネスと割り切るという意味だったのねー。
魂のこもったマーシャルアーツはこれでおしまいというところでしょうか。


最佳電影は『黒社会2』
(1の『黒社会』がいよいよ公開ですね~。早く関西にも来てくれー!)
あとは自分でみてね~。こちら。 


 


『刺馬』の撮影も順調で、初共演のアンディさんとも仲良くやってるみたいだし。
うんうん、良かった良かった。


でも、壹基金の話ばっかりしてちゃダメですよ~(笑)

なにごとも経験

昨日、近所のスーパーの冷凍食品コーナーで見つけた。


八丁味噌煮込みうどんまん

8個も入って148円!!なんだかお得っ!


さっそくダンナに写メ。


「おれはいいわ」


あっそ。


 


今朝、娘との朝ごはんに出してみる。


ネーミングにノリノリ♪の娘①


ビジュアルに引き引きの娘②


中身

いや、けっこうおいしかった。


濃厚な八丁味噌とひき肉の具の中にぶつ切りのうどん。


かなりお味は濃い目


 


でも、コーヒーには合わん!

どこが新感覚って・・・

今日は朝から今年初のフリマ。
フリマ

で、今年初のバトン『新感覚バトン』
睦月さんとこから強奪してきました~


新感覚?


とういわけで、今日も妄想駆使してレッツゴー!


 


 

続きを読む

そして終極無間・・・

【勝手に前夜祭!】いよいよ終盤戦。


終極無間




今、Ⅲを観終わりました~。脳細胞すべてが終極無間の無間地獄中。
買ってから一度も観て無かった特典映像まで全て見終わりました。


ああ、何回見ても・・・・やりきれない映画だわ~・・・


Ⅰとはうってかわって明るさを前面に打ち出しているヤン(梁朝偉)と、完全に自己崩壊に向かってゆくラウ(劉徳華)、ほんでもって悪人スレスレの警察官ヨン(黎明)。
3人とも、自分は【善】だと思ってるんよねー。  
きっとヤンが死んだ時点でラウも死んじゃってたんでしょう。
あとはどこまでヤンに近づけるか・・・
でも、人間、過去はそう簡単に消せないからなー。
梁朝偉

ラストはまさしく無間道で。






続きを読む

ハリウッド的侠気の世界

x-men『X-メン/X-MEN』 (2000 アメリカ)


DNAの突然変異による超人的なパワーを身につけてしまったミュータント達。普通の人間社会から迫害されたうえ、議会ではミュータントの力をおそれた人間たちにより『ミュータント登録制度』という法案が成立しようとしていた。


持って生まれた特殊能力で世界の支配をもくろくマグニートー(イアン・マッケラン)と、人間との平和的共存を望むプロフェッサーX(パトリック・スチュワート)率いるX-メンの戦い―――


 


去年『X-メン ファイナルディシジョン』を劇場でやってた時に、「おもしろそうやなー」と思ってました。でも、1作目と2作目を観てから・・・なんてもたもたしてるうちに終わっちゃったんだよね。
で、そのまますっかり存在を忘れてしまってました。


先日行ったレンタルやで、ずらずら並んだ『ダヴィンチ・コード』。その前にはこれまたずらずら並んだ『X-メン ファイナルディシジョン』!
うわ~、あたしガンダルフにはさまれてるよー。


マグニートー←ガンダルフだ~。ガンダルフだ~。


 


 


 


やっぱりおもしろいわ。



男と対等に闘う女性の出てくる映画大好き♪
しかも、それぞれに違った能力で補い合いながら戦うストーリー、どことなく武侠モノと似通った臭いのする展開。
なんでこんなおもろい映画今まで観ーひんかったんやろー・・・
反省。
今年こそ、もっとハリウッド映画みます。はい。




 

勝手に前夜祭!

もうすぐ『ディパーテッド』公開ってことで、勝手にひとりで盛り上がってます♪


無間道


今日一日で、ⅠとⅡを観ました。
ただいま骨の髄まで無間道中です。


何回見てもやっぱり梁朝偉がステキすぎ。ほぅ~♪


Ⅱは何回見てもやっぱり余文樂♪余文樂
♪陳冠希の役もいいんだけどね~。
陳冠希



はい。もうしばらく妄想に浸らせて下さい。

目指せ!一流のドラゴンライダー!

エラゴン『エラゴン 意志を継ぐ者/Eragon』 (2006 アメリカ)


かつてアラゲイシアは、多くのドラゴンライダーがドラゴンと共に空を舞い、エルフ、ドワーフ、人間が共存する平和な帝国だった。
しかし、凶悪なドラゴンライダー、ガルバトリックス(ジョン・マルコヴィッチ)に支配され暗黒世界となってしまった帝国では、ドラゴンは全て殺され、反逆者は彼の右腕ダーザ(ロバート・カーライル)の魔術の前に屈するしかなかった。


辺境の村で叔父といとこと暮らす17歳の少年エラゴン(エド・スペリーアス)は、早朝いつもの森へ狩に出かけた際、不思議な青い石を見つける。エラゴンの家へと運ばれた青い石はやがて音をたてて割れ始め・・・中からメスのドラゴン、サフィラが誕生する。ひとり隠れてサフィラを育てるエラゴン、そんな彼の心の声を聞くサフィラ。そんな折、村の住人ブロム(ジェレミー・アイアンズ)からかつて世界を統治していた種族、ドラゴンライダーの話を聞く。
しかし新たなドラゴンライダーの誕生を阻止しようとするガルバトリックスの送り込んだ魔物により村人の多くは惨殺され、最愛の叔父も殺されてしまう。自らのドラゴンライダーとしての運命を受け入れたエラゴンはブロムと共に世界を救う旅に出る―――


 


 


新年一発目の映画は、昨年から観たいと思っていた『エラゴン』に決定~♪


ロードもハリポタも劇場で一度も観た事無いから、この『エラゴン』は劇場で絶対観るぞーーーー!と意気込んでおりました。


クリストファー・パオリーニというフランス人の男の子が15歳の時に書きはじめた、冒険ファンタジー3部作の1作目。
15歳で!!すげーーーーー!!
んんー、しかし一抹の不安が脳裏をよぎる・・・ナルニアの二の舞だったらどうしよう・・・
(ぷるる、お子ちゃま色プンプンのナルニアはダメでした。たぶんもう観に行かないかも・・・・)


ファンタジー、ファンタジー。
子供の書いたファンタジー・・・・とつぶやきながら観に行ったところ・・・


うん、ストーリーは想像どおりかな(笑)
無難にまとまったファンタジー。


でも、この映像はシアターの大画面でみてなんぼでしょう!


ドラゴンが滑空する、あのスピード感は爽快きわまりなし!


ドラゴンライダー


それだけでも劇場で観れてよかったよ~~~♪


 


 


 


 

続きを読む

生日快樂~♪

今日はケンの28回目のお誕生日でーす!


娘②の誕生日ですら忘れた私。ケンの誕生日は覚えてるなんてさすがだわ~♪


シャオテン


料理本も出版したし、


来月は東京でソロコンサート(行きたい・・・・ぐすん・・・なぜに東京。関西にも来てーーー!!)


今年ぷるる的に一番楽しみにしている孝天は江湖の侠盗『楚留香』(中国では有名な古龍の武侠小説が原作)
ぷるるの大好きな武侠、古装片。



楚留香


 


今年も映画にドラマに歌にと、いーーーぱい活躍して、日本の迷を幸せにしてねー♪



続きを読む

ワタシにも武器を・・・


蜀山『天上の剣/蜀山伝 The Legend of ZU』 (2001 香港)


人間と仙人が共に暮らしている世界。その世界を狙う邪悪な魔王と仙人との長きに渡る戦いが続いていた。天空では仙人たちが幾つかの場にわかれ、魔王の力を壊滅させるべく修行に励んでいる。
その中のひとつ【崑崙(コンロン)】を守る二人、弧月(セシリア・チャン)と、その弟子、天宗(イーキン・チェン)。魔王の攻撃が激しくなる中、師弟を超えた感情に悩む弧月は自らの武器である環月輪を天宗にたくし、崑崙を去るように命じる。彼が崑崙を立ち去った直後、弧月は魔王の攻撃にあい粉々に砕け散ってしまった―――
それから200年。白眉尊師(サモハン・キンポー)率いる蜀山へ魔王の攻撃が始まっていた。剣の翼を身につけた辰子(ルイス・クー)と環月輪・環日輪をあやつる天宗。そして天撃を武器とする英奇(セシリア・チャン)と雷炎を武器とする段雷(パトリック・タム)らは力を合わせ魔王と戦う。
さらに、人間の唯一の生き残りである樂天(チャン・ツィイー)は仙人に弟子入りするべく天上界を目指す―――


 


 


飛んで飛んで!回って回って!ばりばりCG!話は難解!これぞツイハーク・ワールド!東洋ファンタジー!
もう、しょっぱなから「徐克オー、イェーーーー!!」ってカンジでぶっとばして行きます。


そしてこの映画も、賛否両論大きく割れる作品の臭い。
ゲームのような画像に、毎度おなじみウーピン・アクション。
はい、ぷるる大好きです。

続きを読む

どうしても「リー!」って聞こえるんだよねー・・・や、どうでもいいんだけどさ。

戦神『戦神―MARS』


極度の男性恐怖症で内向的な麻生キラ(徐煕媛)。ある日、公園で絵を描いていた彼女の前に一人の男性が道をたずねてくる。彼の名は樫野零(周渝民)。バイクレーサーを目指す彼は、外交的だかどこか刹那的。心の奥底に傷を秘めた二人は惹かれあうが、それはお互いの忌まわしい過去と向き合うことを余儀なくさせるものだった。。。


継父から性的暴行を受け、零の愛を受け入れられないキラ。双子の弟、聖(周渝民)の自殺のショックで記憶を無くし、違う記憶を植えつけられた零。ふたりは時間をさかのぼって行く。聖の死の真相は・・・零の母親の死因は・・・
そして、母が病で倒れたために、ふたたびキラの前に現れた継父。

桐島そんな二人の目の前に突然現れた桐島牧生(安鈞璨)。零と同じ心理療育センターから出てきた彼は、零の凶悪な部分に惹かれていると言う。キラと出会い暴走的な部分のなくなってしまった零に落胆した桐島は、キラに殺意を抱く。



『流星花園』で一気にF4に堕ちてしまったぷるる。もう恥も外聞もありません。


次のドラマ・・・次のドラマ・・・(これをぷるるの中でドラマスパイラルと言います。熱中していたドラマが終わると、同じように熱中できるドラマを一心不乱に探してしまうんですよねー。おそろしや~おそろしや~。)


で、友人に借りていた仔のドラマ『貧窮貴公子』を観るも、流星とのギャップになじめず1話の途中でドロップアウト。次に手に取ったのは仔と孝天のドラマ『狂愛竜捲風』、あかんっ!ビビアン・スーがだめでこれもドロップアウト。


一瞬、長髪の仔にひいたものの、話けっこうおもしろいし、バービーかわいいし。
このお正月休みの間に一気に観ちゃいましたよ~。

続きを読む

がんばれ師父!


この前コストコで買った「BeakingSoda」の使用方法などをいろいろ見ようと思って、ネット検索。
前から欲しいな~と思いつつも、躊躇していた本がやっぱり欲しいのでコープで注文しようかなー・・・どうしようかなー・・・といろいろ考えながら、気がつけばネットをふらふら~。


で、ハッと気づけばかれこれ1時間ほどネット放浪・・・やっぱり。
あっという間に時間たっちゃうんだよねー。


刺馬ポスター


ポスターかな?


刺馬ポスターアップバージョン


あー・・・やっぱつるつる頭がキリっっとしていいねー!もういっそのこと普段もこの格好でいたらどうだろうか?(笑)


 


師父~火事場から焼け出されたオヤヂではありません(笑)


清朝のカッコをしてる師父です♪






北京での記者会見のときに流されたというビデオ?もあったけど、見れんかった・・・がっくし。


http://ent.sina.com.cn/m/c/bn/2006-12-04/21171819.html


ちょいコワこんなビデオらしい・・・と、思う・・・・


 


 


 


 


鳩脳ぷるる・・・翻訳機と格闘するも、まったく意味不明で読解不能な記事多すぎ・・・・。


ま、画像は見れるからいっかー!


動画は重くて見られんけどな・・・・・・。

日本的F4?台湾的F4?哪一个喜好?

今日から始まりましたね!


日本的F4!『花より男子2』!!


チョット前まで「花よりダンシ??なんじゃそりゃ??」と言っていたぷるるにとって、初めての日本版。


今、小2の娘①がこの「花男」のコミックにはまっていて、むさぼるように読んでいます。
「録画しといてやっっっ!!」と言って寝てしまったので、ハハも冒頭だけ見てあとは我慢して録画しています。


ちなみに娘①のお気に入りキャラは桜子だそうです。。。
なぜに桜子・・・


 


 


でね、ぷるる的『流星花園』vs『花より男子』キャラ比較~♪
なーんてね。


 


あ、日本版F4ファンは続き読まないほうがいいかも・・・・・(; ̄ー ̄川

続きを読む

今日は何日?
12 ≪│2007/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。