ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

お迎えはぜひ彼でお願いします

トッケビ『トッケビ 寂しく燦爛たる神~鬼~』 (2016年 韓国ドラマ)

道端で野菜を売る老婆が買い物に来た女性の腕をつかんで言う
「生死をさまよう瞬間に遭遇したなら切実に祈りなさい。もしかすると気の弱い神が聞いているかもしれないからね。」

高麗時代、最強の武将として民に神とあがめられていたキム・シン(コン・ユ)
しかし凱旋した彼を待ち受けていたのは謀反の嫌疑だった
奸臣パク内官の佞言により、キムの活躍に畏怖を抱いた幼い王は、彼を逆賊とし妹の王妃もろとも討ち殺してしまった。
謀反人として弔うことも許されず、剣が刺さったまま蕎麦の畑に打ち捨てられたキム・シンの遺骸。
戦場で多くの人間の血を浴びた剣、ついには主人の血をも浴びたその剣に怨念が宿りトッケビ(鬼)となる・・・。

雪の降る夜、一人の妊婦が車にはねられた。息も絶え絶えな妊婦は、以前野菜の辻売りのおばあさんに言われた言葉を思い出す。
「もし神がいるのなら・・・・!!!!!」
トッケビ(鬼)となり900年もの間、不滅の身でさまよってきたキム・シン
そんな彼の耳にうっかり入ってしまった切実な願い
人間の生死には関与しないはずだったが、今夜は人が死ぬのを見たくない

血まみれの現場に母子を迎えにやって来た死神(イ・ドンウク)。
しかしそこに屍は無く、彼の手元にあった死者の名前が書かれたカードが静かに白紙になってゆくのだった。

そして助けられた女性は無事女の子を出産する
「トッケビの花嫁が生まれたよ」
幽霊たちがささやき合う・・・

トッケビ





どうしよう。。。
やばい
かっこいい

ドンウクssiかっこいいーーーーー!!!!!
トッケビ

「最強ロマンス」以来よね
たしかこの時もドンウクssiかっこいい!って叫んでたような気がするw



続きを読む

スポンサーサイト

若返ったスパイダーマン

スパイダーマン『スパイダーマン:ホームカミング/SPIDER-MAN: HOMECOMING』 (2017年 アメリカ)

地球外物質などの残骸を処理する会社を経営しているエイドリアン・トゥームス(マイケル・キートン)。アベンジャーズと宇宙人種族チタウリとのニューヨーク決戦後、その残骸処理を一手に引き受けていた。
しかしある日突然、、ダメージコントロールという政府の機関に一切の権利を奪われてしまう。なんと壊した張本人のトニー・スタークが立ち上げた政府機関だった。
突然食いぶちを奪われたエイドリアンは、家族と従業員を養うため、こっそり回収していたチタウリの物質を使い仲間たちと強力なハイテク武器の開発に着手する。

8年後。武器の密売人として暗躍するトゥームス。自身のウィングスーツも作成し「バルチャー」となって武器開発用の資材の略奪を繰り返していた。

スパイダーマン

科学が得意な冴えない高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)。実は彼はスパイダーマン。シビルウォーでトニー・スタークに見出され内乱に参戦するも、その後いずれ連絡するというトニーからはまったく連絡が無い。
今日も「親愛なる隣人」として街のパトロールに出かけるピーター・・・。
そんなある日、トゥームスの武器の密売現場に遭遇する。ピーターに気付き逃げ出した売人たちを、トニーに認められたい一心で追いかけるピーター。しかしそこへウィングスーツを装着したトゥームスが現れ、ピーターはあっけなくつかまり上空から池へと振り落とされる。
池の中で溺れるピーターを助けたのはアイアンマン。プレゼントしてスパイダースーツにはスタークの親心から追跡装置が仕込まれていたのだった。
以後、勝手な単独行動を慎むようスタークに言われたピーターは、自分に対する子ども扱いに憮然とする。

スパイダーマン







映画「スパイダーマン」は超絶久しぶりです
最初の2作しか見てないかな?
なんだかあまりぷるるの琴線に触れなかった・・・

なのに
なぜ見たのかって?

それは
もちろん

スパイダーマン

彼が出てるから~~~♪♪
あ、ハッピーじゃないよ(笑)

続きを読む

今日は何日?
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS