ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

意外と散髪も上手なんです

ボーンアイデンティティ 『ボーンアイデンティティー/The Bourne Identity』 (2002年 アメリカ)

マルセイユ沖を航行していた小さな漁船に引き上げられた一人の男(マット・デイモン)。背中に2発の銃弾をあびていたものの、船医の看護を受け一命をとりとめる。しかし彼は記憶を失ってしまっていた・・・。
自身を知る唯一の手がかりは皮膚の下に埋め込まれていた金属片に記されたスイスチューリッヒ相互銀行の貸金庫の番号のみ。しかしその金庫の中には6冊のパスポートに多額の札束、そして一丁の銃。かれは銃を金庫に残し、1冊のパスポートを頼りに「ジェイソン・ボーン」として自らのアイデンティティーを探るため現住所のあるパリへ向かう決心をする。
CIAに彼の生存が伝えられ、上官コンクリン(クリス・クーパー)はすぐにジェイソン・ボーンの暗殺命令を下す。彼は何者なのか?


スナイパー

CIAや地元警察からの追っ手を振り切ってパリへ向かおうとするジェイソン。偶然居合わせたマリー(フランカ・ポテンテ)に札束をちらつかせパリまで乗せて欲しいと交渉する。明らかにお尋ね者風のジェイソンだったが、金に困っていたマリーは彼をパリまで乗せる決心をする。
マリーの小さな車は一路パリを目指して走り出す――――

ジェイソンとマリー





ずーっと、ずーっと見ようと思ってて、友達から借りパク状態だったこの映画。
ドラマばっかり見てると、たまに西洋人の映画も観たくなるのよね。








感想は「シンプルな映画」かな。

いわば謎解きストーリーなんだけど、昨今流行の脳みそフル回転しても理解出来ないような難解さはまったく無し。ラストも美しくまとまってるし(まとまり過ぎか!?)。

アクションも控えめなガンアクション、不自然にならない程度に肉弾戦が入り混じってて、マット・デイモンがんばったんやろーなーというのが垣間見える。

ジェイソン・ボーン


途中、なんでマリーは警察に行かんとジェイソンについて行ったんかっちゅーのが少し?やったけど(この時点で恋愛感情は無かったと思うんやけど・・・)、まあ、ついて行かんとハナシも進まんっちゅーことで。

っつか、やっぱマット・デイモンがシンプルなんよねー。
何回見ても、華のある俳優さんには見えないし、「きゃ~♪」ともならないんやけど、地味でいいよね。うん。




最後に、ものすごーくいいっ!と思ったのが、ラスト、ジェイソンとマリーが再会したシーン。
ふたりががっしと抱き合うシーン。
たいがいアメリカ映画ってラスト、こういうシチュエーションになると濃厚なチューで終わるのに(あたしの偏見??)、ハグだけってのがものすごく良かった!
かえってチューよりもお互いの再会をものすごーく喜んでるカンジがよく出てるし、ラストの映像としても美しかったわぁ~~



感想も地味だけど、マジでおもしろかった。
もちろん『スプレマシー』も『アルティメイタム』も借りパク中・・・(笑)
この感動が薄れんうちに、早々に観て・・・こっそり返すわ!


スポンサーサイト

コメント

見たのねーーー

はよっ!余韻が冷めないうちにアルティメイタムまで一気に見るべし。物足りなかったマットも回を追うごとにジムの成果でたくましくなってくし^^b
私的には3作目がいいよ!はよ見!!

★こっとん★
一気にね。一気に。
もう韓国とハリウッドの往復でたいへんだわ~(笑)

マットは地味なのに、
とってもこの役がお似合いですよね~。
私もこっとんさんと同じく3作目が大好きです♪
アクションも派手だしね~(^o^)
韓国とハリウッドの往復同じく忙しいです(笑)

★りーめいさん★
やっぱり3作目のアルティメイタムがお勧めなんですね。
これはなんとしても余韻の冷めないうちに観なければっ!!
アクションが派手と聞けばなおさらっっ!!
非公開コメント

今日は何日?
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS