ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

やっぱり鳩飛んでましたねー

赤壁 『レッドクリフ Part1/RED CLIFF 赤壁』 (2008年 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国)

西暦208年、後漢末期。
朝廷の一役人からその才能で身を起こした曹操(チャン・フォンイー)は、いまや献帝をも自在に操る強大な勢力を身につけていた。
大陸支配をもくろむ彼にとって、目障りなのは南の小国「蜀」と「呉」。この2国を討つべくかれは80万の軍勢を率い、まず劉備(ユウ・ヨン)率いる「蜀」へ襲い掛かっていた。
貧しい民をひとりのこらず率いて退却する劉備軍はわずか2万。曹操軍を前にしていまや風前の灯火となってしまった蜀を救うために、軍師諸葛亮孔明(金城武)は単身で呉の若き皇帝孫権(チャン・チェン)のもとへ同盟の進言へと向かう。
曹操の強大な軍勢に恐れをなして孫権に降伏を勧める重臣達を尻目に、同盟軍の出陣を要請するがなかなか孫権の考えはまとまらない。そんな中、重臣のひとりである魯粛の紹介で、呉の参謀であり孫権の絶大なる信頼を得ている周諭(トニー・レオン)と会う機会を得た孔明。最初は孔明に対し警戒心をあらわにして周諭であったが、お互いの人柄に惹かれあい、やがてその心は孫権にも通じ呉と蜀は同盟軍を結成することになる――――


赤壁




ワタクシ、カルく武侠ヲタ入ってるのをみなさんごぞんじでしょうか?(いまさら?)
そんなワタシのバイブル的小説が吉川英治の『三国志』
ここから全てが始まったと言っても過言ではない小説。
その後、いろんな『三国志』を読みましたが、やっぱり吉川英治の本が一番好き。

過去に横山コウキ?だったかな?って人が書いたマンガの三国志を貸してもらって少し読んだこともありましたが・・・登場人物やシーンのイメージがそのマンガの絵に固定してしまうのが怖くて結局最初の方を読んだだけで丁重にお返ししました。

それぐらい、ワタシの中では、自分の三国志の世界が出来上がってしまってるんでしょう。


(あ、人形劇三国志は夢中で見ましたけどね(笑))


そんなワタシから見たこの映画・・・・・

うん・・・

ジョン・ウー、あんたとは意見が合わんみたいやわ。
残念。










この『レッドクリフ』、登場人物のイメージはさして悪くなかったです。
キャストとキャラの年齢的ギャップはいたしかた無いとして、若干トニーさんにヒゲが無いのが気にならないでもなかったのですが(相方曰く「西洋人が見たときに、みーんなひげがあったら誰が誰かわからんやろー」と言うてたのですが・・・そうなんかな?)・・・
ただ・・・なんていうか・・・登場人物のワザ?に固執しすぎ?
なんだか戦隊ヒーローもので、ヒーローがそれぞれの必殺技を紹介しながら出てくるようなカンジを狙いすぎ??(カルくうざかったりする)
そんな話やったっけ?三国志って?
もっとメンタル面重視のストーリーじゃなかったっけ?


いやいや、見たこと無いキャラも出てきてるし、びみょーに小説とキャラの名前も違ったりするし、新しい三国志やと思わなあかんかってんなー・・・
なるほど。
part2はそのつもりで見ます。はい。




で、もちろんトニーさん目当てで行ったこの映画。
んがっ、一番は・・・

張震!
カッコよかったわぁ~!

張震

『グリーンデスティニー』の小虎を上まわるカッコよさ♪
あたし的には皇帝の服で最初に出てきた玉すだれみたいなのがいっぱいぶら下がった帽子(絶対ちゃんとした名前があるんやと思うねんけど・・・)、あの帽子をかぶってる姿がハオ好!!
玉すだれ(じゃないと思うんやけど)の奥から見えるするどい眼光が最高好!




あと、キャスト発表の時点では「えーーーーっ!」と落胆したぷるるイチオシキャラ子龍役の胡軍。
いや、意外と良かったわぁ~(超失礼!?)

胡軍

前にどっぷりはまった『天龍八部』の喬峯とかぶらんでもないけどね。





梁朝偉
トニーさんは言わずもがな(笑)
ただ・・・むふふシーンは・・・そないいらんかったんちゃうん?あれは阿偉迷のためのサービスカットか?いや、いらんで。そんなサービス。
惜しむらくは・・・ヒゲ・・・ヒゲが欲しかった・・・。




残るは武ぽん。

金城武

ごめん武ぽん。
子龍と並んで、三国志の中での大好きキャラ孔明。
んー・・・あたしのイメージとかけはなれすぎてて・・・残念。
やっぱりトニーさんとチェンジすべきやったよなぁ~
トニーさんのほうが良かったなぁ・・・なんて。




あとさぁ~・・・リン・チーリンがサイボーグみたいで怖いんだけど・・・( ̄▽ ̄;
スポンサーサイト

コメント

なるほどなるほど・・・
うちの方では、なぜか日本語吹き替えが早い時間で、字幕が遅いという変なタイムテーブルで、結局、周りの感想だけで良いやってなってしまったのさ。

だって、むふふなシーンは見たくないんだもの。
あれ、うざいんだもの。
いらねぇ・・・

三国志は人形劇で満足しときます。
あの孔明さん、大好きさ。

人形劇三国志~♪
あれ良かったですよねぇ!
人形展見に行きましたが、孔明さん人形はものごっつい力入ってて、誰にも売らないって(笑)あの白羽扇ひらひら~んと、森本レオ氏の声が、ベストマッチでした。よくできてたから、あのまま映画にしてアジア配信したら、売れるんじゃ?(爆)

横山氏の漫画を下敷きにしたアニメというのがありまして、これまたすんげー原作とは別モノのきらきら少女マンガ絵になってたんですよぉ。周朗が長髪の美青年ですから…声は池田秀一、孔明さんなんかアイシャドウ入ってるし(笑)声は富山敬さんで、伝説の色っぽーい孔明さんでしたわ。はっ、アニおた丸出しですみません<(_ _)

電車の中づり見るたんびに、トニーさん、扮装まだ途中じゃん?と思ってしまう…ヒゲ、ヒゲー!!! ワタシも叫びます。華韓の時代劇を見慣れると、髭ない人は子供か、宦官にしかみえません(++)

そういえば、「赤壁」=軍師孔明の見せ場!ってことでお芝居なんかでは超重鎮がやってこられてますが、たしか史実でも、当時彼は27~8歳の若造だったはず…。金城くんは悪くないんですが、やっぱトニーさん孔明で、危うい色香路線を見たかったな~(残念)

そんなアクション映画だったんですかぁ…(もっと権謀術数な話を期待していた人)

★睦月さん★
たしかに字幕上映の方がたくさんあってびっくりした!
やっぱりテーマがテーマなだけあって、いつもの華流映画とは観客層が違うみたいだねー。
でもトニーさんのむふふなシーンはいいわよぅ~♪♪
ストーリー的にはどうなん?と思うねんけど、まあ周諭の色を好むってなキャラを出したかったんかなぁ・・・と。

人形劇、みんな知ってるんやー!
あれは良かったよねー。うんうん。

観たのね・・・観たんだ・・・ふ~~ん、観たか・・・
観たいなあと思いつつ、Part1って事は、2までが辛い!
2の上映までずっとモンモンするかも!
という事で、今再び「三国志」(もちろん吉川英治)を読んでいる最中。
でも、そうか・・・あまりこちらの「三国志」のイメージ、世界観を作ってしまうと、ちょっと厳しいのか・・・・
ふむ、観る時は心して観ます。いやあ、ぷるるさんの鑑賞記は毎度参考になるわ~♪

ぷるるさんはジョン・ウーと本当に相性合わないんですね。
ものすごくハリウッド的映画作りしてるからかな?
私はド派手で作りこんで娯楽に徹してるから好きなんです♪
トニーさんは確かにツルンツルンだったかも。
私も胡軍がかなり好きでした^^
張震も良かったよね~。
皆さんと同じく人形劇大好きでした。
私は本もろくに読んでないので
人形劇が私の三国志のイメージすべてです^^;

★春日様★
おお~!人形劇三国志ってこんなにメジャーやったんですねー!知りませんでした。
そうそう!森本レオさんの声にせんだみつおもいたような・・・

アニメは全然知りませんが、少女マンガチックな三国志・・・ちょっと怖い・・・。そんなもんまであったんですねー。

トニーさんにヒゲが無いのを愁いていたのがあたしだけじゃないとわかってちょっと安心しました^^;
あんなにツルツルってどうよ?と思うんですけど・・・
ワタシ的には金城くんの演技がちょっとかわいらしすぎて孔明のイメージじゃなかなったんですよ・・・もうちょっとコケティッシュにしてくれてもよかったのに・・・。

とは言っても、肝心のあの炎上シーンはパート2ですから。
見るしかないでしょ。見るしか(笑)

★shinobuさん★
見たよ。見たわよ。
って、shinobuさん見ないのん?見ようよー!
part1とか2とかにわかれてるって鑑賞直前まで気が付いてなかったアタシ・・・。でも前売り買っちゃってたからね。
しかも2の公開、年明け早々ぐらいにやってくれるのかと思いきや5月ごろだったかな?それまでおあずけよ~;;
でもやっぱりキャストは豪華やしおもろかったわよ~^^

★りーめいさん★
ううーむ、ハリウッド的というか・・・戦闘シーンに重きをおいた作りになっていたのがどうも・・・。
そう・・・ド派手でしたね。
でも、やっぱりあたしの中での三国志にはこういう派手さはないんです。カット割りもなんだか最近の韓国映画みたいだし・・・。
人形劇の三国志も、人形素敵だし好きだったんですけど、やっぱりあたしのイメージとは違いました。子供向け番組だからか、勧善懲悪が如実に出すぎていたというか・・・。
わはは・・・ごちゃごちゃうるさすぎですね^^;
part2は先入観を捨ててすっきり見ようと思ってます!

こんにちは

お久です。
レッドクリフ、私も見ましたよ~♪

トニーさん、周瑜イケテるじゃん(o^-^o)…でも、やっぱ孔明さんのトニーも見たかったですね~。
張震くん、かっこよかったし、孫権バッチリじゃないかな。

中村獅堂もなかなかの活躍ぶりで。

それなりによかったかな~って感じ。パート2を見てみないとって感じもしますね♪
久々のトニーさん、金城武、張震とか中華な面々を見れて、嬉しかったです~(o^-^o)

只今ブログサボり中。今嵐の大野智に突っ走る毎日(^o^) そっちに走ってるので、更新がなかなか。でも、また戻ってくるので、遊びに来て下さい~(o^-^o)

★かずさん★
おひさしぶりです!
この映画、キャストはめちゃ②豪華だし、それだけでも見ごたえ充分でしたよねー!
まあ、本題はpart2なんでそちらを見ないと語れませんね。

大野君に突っ走るところまでいっちゃいましたか!(笑)
いえいえ、ワタシも人のことを言えた義理ではございませんので、お互い国籍は違えど愛しの君に向かってどこまでも突っ走って行きましょうねーーー!!!
非公開コメント

今日は何日?
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS