ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

ゴーか!ストップか!?

タチャ 『いかさま師~タチャ』 (2008年 韓国ドラマ)

幼い頃、父を賭博で亡くしたコニ(チャン・ヒョク)
花札を毛嫌いしていた彼だったが、友人ヨンミン(キム・ミンジュン)の祖母の手術費用をてっとり早く捻出するため花札サロンへ出かけてしまう。
せこいいかさまをしながらヨンミンと順調にもうけていたコニだったが、いかさまに気づいたサロンのオーナーのアグィらにかもられふたりは散々な目に合ってしまった。
どうしても手術費用を捻出したいヨンミンは顔なじみのヤクザの抗争に加担。しかしアグィ襲撃の際に警察につかまってしまった。
花札は二度とするまいと心に誓ったコニだったが、今度はヨンミンを拘置所から出すための費用を捻出するために博打に手を出してしまう。悩んだ末に母がこつこつためた金を借りるつもりで持ち出したのだが、結局全て失ってしまう。母に合わせる顔もなく、そのまま行方をくらますコニ。
一方、アグィに保釈費用を出してもらったヨンミンは、以後彼の下でj訓練をかさね冷酷なタチャ(いかさま師)として彼のサロンでの地位を不動のものにする。
また、家出同然に飛び出してしまったコニだったが、流浪した先で有名なタチャに弟子入りすることが出来、腕を磨き続ける。
こうして再会したコニとヨンミン・・・ふたりのタチャの因縁の対決が始まるのだった

コニとヨンミン





ブロ友さんのブログで「おもしろいよ~」と書いてあったので見ました

うん!
おもしろかった!!

ワタシ基本的にラブコメ系よりも、こういったシリアスドラマの方が好きなので

ただ残念なことに
最後まで萌えるナムジャが現われなかったわ~~
なんでだろ~
こことっても重要なのに(笑)









ソンベクことキム・ミンジュンが、なぜだかぷるるの萌えキャラにはなりえないことはすでに立証済み
なんでだろー
結構自分でもいいセンいってると思うんやけど
なぜか萌えないんよねー。

ヨンミン



ならばっ!

はじめましてのチャン・ヒョクに期待!

コニ



あかん・・・萌えん・・・
何が?
ちょっぴりムサい!?

確かにこのドラマのキャストは濃かった。
↑画像は爽やか系を貼ってみたけど、それでもムサい・・・
とくにソンベク・・・
メイク濃いし。


あ、でもストーリー的には無難におもしろかった
最後に残念!ってことも無かったし。
多少読め読めやった感はいなめないけどね。
スポンサーサイト

コメント

そうなんですかぁ~;

キレイドコロの定義も難しいですし。。。

にしても、ぷるるさまは、濃い系はあかんのですねー(笑)


この濃いメンツで時代劇ってくれたほーが
むしろイカしてたのかも?!(爆)


内容的には、カン・ジファンくんが主役、みたいな
話のほうが、似合っていたかもですね~。
そうすっと、敵対すんのも、ミンジュン氏では
重いな…(この人、シリアスすぎて、
小回りがきかないタイプじゃないですか?)

★春日さま★
濃い系がだめやと思ったことはなかったんですけど
(だってプリンスはどう見ても濃い系ですから(笑))
ただ、昨今のワタクシの好みに関しては
やはりちょい薄顔が好みなのかも・・・

ジファンssiとミンジュンssi・・・濃い・・・濃すぎる・・・
顔がじゃなくてキャラが・・・

チャン・ヒョクssiお初でイメージ無かったんで、ワタシ的にはOKやったんですけど・・・
そうですねー
この濃いメンツで・・・ワタシ的には時代はいつでもOKですが、茶母ばりの、いやもっとどろどろ泥沼化してくれた方が面白かったのかも・・・いひひ・・・
意外とさっぱりしてませんでした?
ドロドロは最近受けないのかな?
非公開コメント

今日は何日?
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS