ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

刃がない刀

イルジメ 『一枝梅(イルジメ)』 (2008年 韓国ドラマ)

帝の功臣イ・ウォノの息子として両班(貴族階級)の家に生まれ幸せな生活を送っていたギョム。しかしそんな生活がある日一変する。功臣であるはずの父が逆賊の汚名を着せられ何者かに暗殺されたのだった。水屋の鍵穴から父暗殺の一部始終を見ていたギョムは暗殺者の持っていた剣に彫られた模様を心に刻み込む。

家族を殺されたショックのために記憶を失ってしまったギョムは、その後ヨンとしてコソ泥のセドルとタン夫妻に下町で育てられる。

それから13年
放蕩息子で毎日遊び暮らしていたヨン(イ・ジュンギ)だったが、ヨンがギョムであることに気がついた刺客が再び彼の命を狙い始める。刺客に命をつけねらわれるうちにヨンは記憶を取り戻す。13年前の忌まわしい記憶を取り戻した彼は梅の木に誓う。父を殺した犯人を突き止めると。

手がかりは剣に刻まれた模様のみ。
そして彼はイルジメとなって次々と両班の家へ忍び込み、記憶の模様を探し続ける――――





やばい・・・やばいって・・・

イルジメかっこいいーーー!!

イルジメ



いいかげんこのパターンから脱却しようよ、ぷるる!

こんなにイルジメ堕ちしちゃったけど
最初は違ったんよ~


冒頭、確かにストーリーがしっかりしてておもしろい。
ストーリーはね。

んがっ、8話9話あたりで一抹の不安が頭をよぎる~

おいおい。このまま誰にも萌えずに終わっちゃうんじゃないやろーなー。


数人から
イルジメおもしろいし~
ぷるるの好みやって~~~♪
シフ様、ぷるるのタイプやと思うわ~

・・・なんて聞いてたんやけど

オラボニ~


ん~、シフ様、確かに立ち姿はぷるるの好みやけど
もうなんていうか・・・女々しすぎて論外。
好きな女を無理やり奪い取るでもないし。
どこかの誰かがなうりに似てるって言うてたけど全然ちがうーーー!!


イルジメも最初は弱っちぃし
ヨンはヘラヘラしてるし
ぶっちゃけ、最初に出てきたイルジメの衣装も「おいおい大丈夫か」なんてね。

イルジメ


と・こ・ろ・が

コンガル父ちゃんに弟子入りしてから
あれよあれよと強くなって・・・
だから~、ぷるる強い男に弱いんやって・・・

おまけにだんだんヨンのへらへらが消えていくもんだから

自分を押し殺した強いナムジャ
これってもろぷるるの好みやん(笑)

あんなにヘンやヘンやと思ってたイルジメの衣装もカッコよく見えてくるし~

イルジメ~♪


あとアクションシーンも良かった!!

あたし的には、宮中でのシフとイルジメのアクションシーン
(おそらくご本人ではないと思うけど)
シフオラボニの足さばきがとっても素敵!
あと、コンガルもでかい上に坊さんみたいなカッコしてるから掌打がさまになってるし~
もちろんイルジメ
あのちょっぴりひら~んってなった衣装でのアクションがたまりません
特に最初と最後に出てきたシーン
水しぶきをあげながら、ひら~んって衣装をひらめかせて次々とろうそくを消していくあのシーン!!
かっこいい~~~♪♪

イルジメ




よく考えたら、ジュンギ君ものハズレ無しだわ。
『犬とオオカミ』も『王の男』も良かったし。
実は『フライダディ』を見ようと思ってスタンバイしてるんやけど
これでまたアタリやったらちょっと危険!?
これ以上お誕生日のお祝い出来ないってばーーー!!

(あ、今月ドンくん忘れてたの~~ごめんねドンくん~~!!)
ごめんね~
スポンサーサイト

コメント

ものすごーく観たいのに
未だに観れてません(涙)
ジュンギくんの作品は本当に外れなしって感じがします。
って、観てない作品多いんだけど…。
最近映画ばかり観ちゃってドラマタイムが減ってるんですよね(ToT)

★りーめいさん★
これは絶対におススメで~す☆
ホンギルドンも良かったですけど、それよりも正統派なカンジがします。
ストーリーがしっかりしてるドラマっておもしろいですよね~
またゆっくり観て下さい^^
非公開コメント

今日は何日?
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS