ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

済州のカジノに行ってみたい♪

太陽をのみ込め 『太陽をのみ込め』 (2009年 韓国ドラマ)

ときは朴正熙軍事政権下の韓国、済州島。
国土建設団として本土より強制労働のため大勢の囚人達が済州島へ送られてきた。
その囚人の中のひとり元暴力団のキム・イルファンは奴隷のような扱いに耐えかね脱走を試みる。
しかし脱走途中で彼は銃弾を受け断崖絶壁から海へと落下。波打ち際に打ち上げられた瀕死の彼を救ったのは島の海女ミヨンだった。
イルファンを介抱するうちに二人は愛し合うようになってしまう・・・

太陽をのみ込め

そんな二人の時間は長くは続かず、ほどなくイルファンは兵士につかまりミヨンの目の前で暴行をうけ本土へと強制送還される。
ミヨンのお腹に自分の子供がいることも知らず――――

人里離れた海女小屋でひっそり男の子を産み落としたミヨン
しかしミヨンの母親は娘の将来を思い生まれて間もない子供を孤児院の前に捨てにゆく

この一部始終を見守っていたのが幼い頃よりミヨンに思いをよせていたヒョン・ギサン
やがて彼は刑事になり、この時捨てられた子供ジョンウをつねに見守り続ける




早くに母親を無くし施設で育ったジョンウ(チソン)
施設育ちの兄弟達と地元でチンピラとして生きてきたが、常に自分の人生を変えるチャンスをうかがっていた。そんな時、済州に豪奢な邸宅を構える大企業の会長チャン・ミノと出会い、これをきっかけに自分の人生を変えようと必死にミノに食らいつく。

太陽をのみ込め



体の弱い母親と惨めな暮らしをしていたテヒョク(イ・ワン)
金儲けのためにベトナムへ行ってしまったという父親を待ちながら母親は病気を患い亡くなってしまう。
母親を無くしひとりぼっちになっていまった14歳のテヒョクの前に1莫大な財をたずさえた父親チャン・ミノが現われ、彼は一変御曹司となる。
しかし父親の思い出の中に自分の母親の影が無いことを知ったテヒョクは父親に憎悪をつのらせる。

太陽をのみ込め


若い頃ベトナムの闇市場で巨万の富を築いたチャン・ミノ
その金を使って済州の開発事業へ飛び込み自分の一大帝国を築き上げる
ベトナムへ行っている間、孤児同然の暮らしをさせていた息子のテヒョクには罪滅ぼしのつもりで望むものはなんでも与えてやっていた。
目的のためなら手段を選ばない非人道的な性格の持ち主であり、彼の過去を知る者はほとんどいない。

その昔、囚人として済州へ送られた時に自分の命を救ってくれた女性を永遠に思い続けている―――

太陽をのみ込め







「オールイン」パート2と言われてたこの作品
すんません
オールイン未見なんで比べること出来ません


展開もテンポ良くて話もなかなかおもしろい



そんで、なんといってもチソンがかっこいいー!

太陽をのみ込め

太陽をのみ込め



これで・・・チソンの作品みっつめかな?
(「ラストダンス」と「ニューハート」)
このチソンがダントツでかっこいい!
スーツ姿のチソンにくらくら♪

太陽をのみ込め

でも・・・やっぱりあたしソン・ユリ嬢が苦手だわ
なんていうか・・・ひしひし感がいまひとつ(わかりにくいなー)
感情移入しにくいから苦手なのか、苦手だから感情移入出来ないのか・・・

太陽をのみ込め

けど、幸か不幸かこのストーリー
ジョンウとスヒョンのラブストーリーにそんなにのめりこめなくても
からみあったいろんなストーリーがおもしろくてがっつり楽しめました


あんまり好きじゃなかったイワンくんも
なんともかわいそうなボンボン役がぴったりだったし

太陽をのみ込め


最後は・・・おとうちゃんはなんとなく予想通りの結末で
でもペク室長はびっくり
いや~
ウテ兄が出てるドラマいっぱい見たけどこんな悪いウテ兄ははじめてかも!!

太陽をのみ込め



しかしおもしろかった!

Mネットでチソンの「ロイヤルファミリー」はじまりまったよね
もちろん録ってます♪
これもなんか社会派っぽよね・・・
そしてスーツのチソン・・・うふっ♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今日は何日?
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS