ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

やくざはやくざ

映画は映画だ 『映画は映画だ/MOVIE IS MOVIE』 (2008年 韓国)

人気俳優のスタ(カン・ジファン)。新作映画の撮影中、監督や相手女優と高級クラブで飲んでいると、ファンだと名乗るひとりのやくざが手下を引き連れてやってきた。その昔、俳優にあこがれていたと言うやくざの名はガンペ(ソ・ジソプ)。

映画の撮影中、相手の俳優を本気で殴り大怪我を負わせたスタ。急遽代わりの相手役を見つけなければならなくなったが、彼の短気な性格が災いしてどの俳優からもOKが出ない。しかたなく以前知り合ったガンペのところへ出演依頼をもちかける。
「アクションシーンをガチで撮るなら引き受ける」
ストーリーどおり主人公が勝ち残るラストシーンを手に入れるためにはガチのアクションに勝たなければならなくなったスタ。

スタの恋人ウンソンは二人の関係に嫌気が差していた。会うのはいつも人目を避けるように夜中の車の中。話をゆっくりすることもなく、いつもことだけを求めるスタの気持ちがわからない。もっと昼間にカフェでゆっくり話がしたい―――しかし売れっ子俳優のスタには不可能なこと。それはわかっているのだけれど・・・


映画は映画だ 






見終わってからっていうか
感想書こうと思って始めて気がついた
これってキム・ギドクの息のかかった作品やったのねー


なんとなく苦手意識があったから・・・














ギドクssiの作品は「うつせみ」ぐらいしか見たことないけど
ちょっとアクが強そうで敬遠してたんです
(うつせみは良かったけど・・・)
これはそんなことなかったわ~
監督じゃないからかな?





いままでいろんなところでお会いしてきたジソプさん

「バリ出来」はがっつりインソンくんだったし
「ごめ愛」はまったくはまらなかったし
まったくもって範疇外やったんっすけど

このジソプssiかっこいい!!

映画は映画だ

ま、いつもながらに役なんだろうけど
ジファンssiの役はだめだわ~



あといろいろ取り上げられてたラストの干潟での乱闘シーン
映画は映画だ

なげーよ(笑)
起き上がってきてもどっちがどっちかわかんないし



中盤はちょっとコミカルなところもあり
ジソプssiのロマンスもあったり


でも最後は現実に立ち戻るってことで

俳優はどこまで行っても俳優で
やくざはしょせんやくざ

ってね


映画は映画だ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今日は何日?
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS