ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

最強タッグ・・・のはずやったんですけど・・・

龍門飛甲『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝/龍門飛甲 』 (2011年 中国・香港)

宦官による東廠、西廠(官民をスパイし逮捕する権限をあたえられていた役職。恐怖政治の元凶)が権力を握っていた中国、明の時代。

皇帝の寵愛を受け、子を身篭ったため貴妃に命を狙われる官女スー(メイヴィス・ファン)。貴妃を後ろ盾とする宦官ユー(チェン・クン)率いる西廠の追跡を逃れ逃亡していた彼女だったがついに西廠の追っ手に捕らえられてしまう。すんでのところで彼女を救った女侠リン(ジョウ・シュン)。リンはとある人物を探して旅をしてるという。そんなリンとスーがたどりついたのが砂漠の中にたたずむ一軒の宿屋。宿屋の主人によると間もなく60年に1度の大きな砂嵐がやってくると言う。

龍門飛甲

東廠の督主(リュー・チャーフィー)を倒した義士ジャオ(ジェット・リー)とその一味が次に狙うのはもちろん西廠の冷酷非情な宦官ユー。船上での決戦にまで持ち込んだものの、ユーとその側近マー(ルイス・ファン)の前に仲間を失い敗北を喫す。しかし打倒ユーに燃えるジャオは足取りをたどりついに砂漠の中にたたずむ宿屋にたどりつく。

龍門飛甲


60年に一度の砂嵐で現れるといわれている財宝都市。その財宝を狙って宿屋で砂嵐を待ち受ける韃靼人の王女チャン(グイ・ルンメイ)一族、情報屋のフォン(チェン・クン(二役))をしたがえて現れた女侠グー(リー・ユーチュン)。
ほどなくして西廠のユーやマーも官女スーと女侠リンを追って砂漠の宿屋に集まってくる。




長年、犬猿の仲とうわさされていた徐克×李連杰の最強タッグ復活
おまけに中国発の3Dアクション映画と
マーシャルアーツ迷ならずとも血沸き肉踊るこのふれこみ

龍門飛甲
仲良しアピールの写真がいっぱいあがってました(笑)

龍門飛甲




うん。
3D映画はやっぱり3Dで見ないとあきまへんね(笑)

ぷるるDVDで見たからがっかり。

冒頭はカメオ出演のリュー・チャーフィーとの一騎打ち
おおー!と思ったのものの、3Dを意識したアクションになんだかもやもや
(や、3D映画なんだから仕方ないんだけど)
3Dを2Dで見るとなんかキレ悪いわぁ~

宦官ユーの登場シーンはめっちゃかっこよかった
お付きの人がささっと椅子になるとこなんかユーの傲慢振りを物語ってるよね~
茶碗が飛んでくるのももちろん3D仕様(笑)
チェン・クン、もともとエキゾチックなお顔立ちやから白塗りが映える映える!

龍門飛甲

ってか白塗り流行り?
前にだだはまりしたドンライくんもかなりの白塗りやったし
pei



ストーリーはまずまずよね
大陸アクション映画でこんだけのストーリーあったら花丸ちゃんよ

で、肝心のアクションシーンは

龍門飛甲
チャン王女の環月輪がかっこいい♪
環月輪といえば真っ先に思い浮かぶのが・・・

天上の剣
天上の剣の弧月
ひょ~♪今見てもうっとりしちゃうよね~~
そういやこれもがっつり徐克(笑)

女侠グー、彼女のキャラは好きやったんやけど
この大刀は残念ながらいただけなかった
もうちょっと軽い武器にしてあげたらよかったのに~
龍門飛甲


そんな中で途中までだんとつでかっこよかった宦官ユー
龍門飛甲

ひら~んとした衣装着た男前が(白塗りやけど)武術の達人とか
ぷるるが好きになるに決まってるし(笑)

龍門飛甲

龍門飛甲


でも途中までやったなー
龍門飛甲
こないなってからはあきまへん
なんやごっつい女々しいし


白塗り対決はドンライくんの勝ち!!
pei

ユーの側近マーも強かった!
ルイス・ファン、顔怖すぎや~
イップマンもびっくり(笑)
龍門飛甲




師父のアクションは
あたしが言うのもなんなんですけど
3D仕様なんですよね
だからなんかキレがいまひとつやったんですよね

宦官ユーとの船上対決シーンもやたらロープがうねうねうねうね・・・
じゃまやっちゅーねん・・・
最後の砂嵐とかもうわけわからんやん

もったいない


ううー
めっちゃ不完全燃焼


っつーか3Dは映画館で見てなんぼってことか・・・
しくしくしくしく
スポンサーサイト

コメント

えーっ

やっぱり2Dと3Dじゃ違うの~?
私は映画館で3Dで観たんだけど、
DVDじゃそんなに面白み半減なんだー。
でもね3Dじゃなくて普通に2Dの功夫映画作ってくれた方が嬉しいかも。

りーめいさん★
私が期待しすぎたのがいけなかったのかどうかわかりませんが(笑)断然いままでの2D映画の方がかっこよかったですわ。
師父も3Dアクションむずかしーて言うてはりましたし。
ほんまに、普通に2D映画でこのコラボ見てみたいです。。。;;

そっか、やっぱり3Dは映画館で・・・
って、上映されなかった僻地に住んでいる私、
泣きたくなるわ・・・・
だからさ・・・家で見るDVDも眼鏡かけて3Dで楽しめるようにしてちょ・・・一般家庭でお安くのんびりと・・・刺激的なひと時を! って危ないか・・・(笑)
ん~・・・環月輪・・・ツボっ

shinobuさん★
そうなんですわ。
映画みれない人はどうしたらええねんっ!ちゅー話なんですよね・・・。
やっぱり2Dでいつもながらのアクションをしている師父が見たかった。

あとねー、ワタシ的に師父の相手役がジョウシュンやったってのも不完全燃焼の原因のひとつかもしれません。。。
非公開コメント

今日は何日?
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS