ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

CGの街並みが美しい~

ゴーストインザシェル 『ゴースト・イン・ザ・シェル/GHOST IN THE SHELL』(2017年 アメリカ)
2069年 電脳技術と人体のサイボーグ化が進む近未来。ハンカ・ロボティックス社で、悲惨な事故で家族を失い、一人生き残った少女の脳をサイボーグに移植する極秘プロジェクトが進められていた。プロジェクトによって誕生した完全サイボーグの個体はミラ・キリアンと名付けられた。

1年後。
電脳テロ犯罪を取り締まる公安9課に最強捜査官「少佐」として配属されたミラ・キリアン。ある日、少佐が監視していた会食の現場で給仕していた芸者ロボットが突然何者かにハッキングされ、臨席していたハンカ社のオズモンド博士に襲いかかり殺害。現場に飛び込んだ少佐は芸者ロボットを次々と倒してゆくが、その中の1体が「ハンカ社と組んだら破滅だ・・・」と意味深なメッセージを残す。

時折見える幻影・・・あやふやな過去の記憶・・・
ゴーストインザシェル 

少佐は、ハッカーの居所を突き止めるべく、破壊した芸者ロボットのAIに電脳ダイブする。そしてついに謎のハッカー「クゼ」の居所を突き止める。
「クゼ」を追う中、ふたたびハンカの博士が殺される。このことから過去のとあるプロジェクトにかかわった関係者がターゲットであることがわかり、次は少佐の母親代わりであるオウレン博士が狙われていることがわかる。
事件の真相を追い求めてクゼに迫るが、それとともに自分に残された過去の記憶が揺らいでゆく――――





すんごいおもしろくない飲み会を早々に切り上げて
でも夜もまだ早いし映画でも見て帰ろっかなーって
近所の映画館へ

時間的にちょうどよかったこの映画
なので、前知識無し!
攻殻機動隊の映画ということを知らずに鑑賞
ってか攻殻機動隊って何!?







いや、でもこういう世界観行けるクチです
すんごいCGバリバリの街並みとか大好き
ただ、前知識ゼロなんで、当たり前のように出てくるクゼがまったくわからん
9課のメンバーもよくわかんないし
ストーリーは??飛びまくりでしたが(少々アルコールも入ってたからかも(笑))
そんなに難しくなかったし、桃井かおりが出てくるくだりは泣けてくるし
うんうん、良かったよ

ただ・・・少佐の衣装がすっぽんぽんに見えてしょーがない
あれはああいうものでいいんでしょうかね?
ってか原作通りとかなのかしら???
アタシ的にはもうちょい峰不二子っぽい服でもよかったような・・・
ゴーストインザシェル


原作まったく知らないあたしでも、映像の美しさに見ほれました







でも・・・
芸者ロボットこえーーーよーーーーー!!!

ゴーストインザシェル

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今日は何日?
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS