ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

ウソンさまー!あたしも守ってーーー!!


愛無間『デイジー/DAISY』(2005 韓国)


オランダ・アムステルダムで骨董品店を営む祖父と共に住む、画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)。ある出来事がきっかけで、彼女の元へ毎日届けられるようになったデイジーの花。送り主を待ち続ける彼女。そんなある日、いつものように町の広場で肖像画を描く仕事をしていると、ひとりの韓国人男性が客として現れた。彼の名はジョンウ(イ・ソンジェ)。彼女は一目見て確信した、彼があのデイジーの送り主であることを・・・


そんな二人を広場の脇のアパートの窓から見守るもうひとりの男、パクウィ(チョン・ウソン)。急速に惹かれあっていく二人をみながら、激しい焦燥感に襲われる。なぜなら彼こそがデイジーの送り主だったから――――


 


 


さすが韓流。いつ打ち切りになるかとひやひやもんだったけど、おそるべし韓流パワー。りんちぇより長いじゃん。しかも、上映開始からだいぶ経っての平日の昼間なのに、けっこう奥様連中が入ってるし。ま、スクリーンで観れたから良かったんだけどね。


 


 


 




チョン・ウソンがいろんな意味でいい味出してました。



パクウィ最初のほうは、ピストル持ったかなりアブナイストーカーだったけど、ウソン様だから許しましょう。他のヒトだったら絶対許しません。コーヒーを乾杯するシーンは良かったけど。。。


 


途中からは愛に一途というよりは、少々おつむの足りない恋愛バカみたいだったけど、これもウソン様だから許しましょう。


でもなぜか最後、どうすることも出来ない自分の運命に流されながらも、ヘヨンを愛するパクウィに涙がとまらない~~~~⊂( TT __ TT )⊃    これぞ、ウソン様パワー!『武士』といい、こう何かに一途でちょっと頭の回線が一本切れてるオトコをやらせたらウソン様に敵なしかっ!?(すみません『頭の中の~』観てないもんで・・・)


監督が『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ。違う世界の男二人を描かせたら天下一品。インターポールの刑事と暗殺者。『インファナル~』よりもかなりメロドラマ指数が高いのは脚本家の影響か。



ヘヨンとジョンウ3人それぞれの視点からの話もところどころに入っているので、結構すっきり進みます。


 


 


まあ、なんであそこでいきなり銃をぶっぱなしたんだとか、なんで暗殺者になったのとか、で、結局、麻薬の組織は捕まったんか・・・とか疑問は山積みだけど、それは言わない約束でしょ~♪と、ウソン様と約束したからつっこまないもんね~♪


悲哀ドラマで泣きたい方にはうってつけ。『インファナル~』がいける口なら観て損は無し!もちろんかっこいいウソン様に会いたい方は必見!


 


 


 


あー、でもやっぱり、ぷるるチョン・ジヒョンがだめ。最初の出会いが『猟奇的な彼女』、これが悪すぎた。映画開始15分であまりにもおもしろくないのと彼女に腹が立ち過ぎて観るのやめました・・・。この印象が強すぎて・・・だめね。(最後まで見切ったらもっと感想は違ったかもしれないけど、あれ以上見れませんでした)この映画でちょっとだけ(ほんのちょっぴりだけね)払拭できたよーなできてないよーな・・・


 


 




スポンサーサイト

コメント

チョンさんだから、はっきり言って嫌いな韓流でも見にいこうかと思っていたけど、これのおかげでダビンチが見れなかったという、恨みの作品となってしまったわ。
見るたびに、うっきぃ~~~となるわよ。
でも、頭の線一本切れた、はナイスだわ。
確かに確かに~~、武士のあの切れた感じ、可愛かったわね~~。

そうなのじゃ、ナイスはげには行かなかったのじゃ。
テレビでやるのを待ってもいいかな~と思ったもので。
ポセイドンは、やはり大画面に限りますよ。

うひゃひゃひゃひゃ!!(>▽<)
ホントにタイトル同じだぁ~っ!(笑)
きっと他にもいるぞ・・・

そうだね、脚本もラウ監督だったらより男臭いカンジになってたかもね。
(そんなカンジを期待しちゃったのがいけなかったわ)
チョン・ジヒョンってそんなにカワイイかー?って不思議でしょうがない(笑)

★睦月さん★
韓流の波にのまれちゃったのねー
でも、ウソン様に罪はないわっ!
かっこ良かったよ~♪

いかしたハゲもスクリーンで観てほしかったわ~!
でも、次のハゲの映画はぜひぜひ観てね。なんてったって、りんちぇが出てるんだからー!

★kajちん★
うぷぷぷ。うんうん、おんなじタイトルつけてる乙女が他にもいーーーーーっぱいいると思うぞ。
だって、ウソン様に守って欲しいんだもーーーん♪

うん、確かに『インファナル』を引きずって行ったから、もうちょっとドロっとした映画かなーと思ってたのは確かよ。でもこれはこれで良かったかな~。
チョン・ジヒョンはやっぱりだめやったわ。
非公開コメント

今日は何日?
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS