ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

目指せ!一流のドラゴンライダー!

エラゴン『エラゴン 意志を継ぐ者/Eragon』 (2006 アメリカ)


かつてアラゲイシアは、多くのドラゴンライダーがドラゴンと共に空を舞い、エルフ、ドワーフ、人間が共存する平和な帝国だった。
しかし、凶悪なドラゴンライダー、ガルバトリックス(ジョン・マルコヴィッチ)に支配され暗黒世界となってしまった帝国では、ドラゴンは全て殺され、反逆者は彼の右腕ダーザ(ロバート・カーライル)の魔術の前に屈するしかなかった。


辺境の村で叔父といとこと暮らす17歳の少年エラゴン(エド・スペリーアス)は、早朝いつもの森へ狩に出かけた際、不思議な青い石を見つける。エラゴンの家へと運ばれた青い石はやがて音をたてて割れ始め・・・中からメスのドラゴン、サフィラが誕生する。ひとり隠れてサフィラを育てるエラゴン、そんな彼の心の声を聞くサフィラ。そんな折、村の住人ブロム(ジェレミー・アイアンズ)からかつて世界を統治していた種族、ドラゴンライダーの話を聞く。
しかし新たなドラゴンライダーの誕生を阻止しようとするガルバトリックスの送り込んだ魔物により村人の多くは惨殺され、最愛の叔父も殺されてしまう。自らのドラゴンライダーとしての運命を受け入れたエラゴンはブロムと共に世界を救う旅に出る―――


 


 


新年一発目の映画は、昨年から観たいと思っていた『エラゴン』に決定~♪


ロードもハリポタも劇場で一度も観た事無いから、この『エラゴン』は劇場で絶対観るぞーーーー!と意気込んでおりました。


クリストファー・パオリーニというフランス人の男の子が15歳の時に書きはじめた、冒険ファンタジー3部作の1作目。
15歳で!!すげーーーーー!!
んんー、しかし一抹の不安が脳裏をよぎる・・・ナルニアの二の舞だったらどうしよう・・・
(ぷるる、お子ちゃま色プンプンのナルニアはダメでした。たぶんもう観に行かないかも・・・・)


ファンタジー、ファンタジー。
子供の書いたファンタジー・・・・とつぶやきながら観に行ったところ・・・


うん、ストーリーは想像どおりかな(笑)
無難にまとまったファンタジー。


でも、この映像はシアターの大画面でみてなんぼでしょう!


ドラゴンが滑空する、あのスピード感は爽快きわまりなし!


ドラゴンライダー


それだけでも劇場で観れてよかったよ~~~♪


 


 


 


 

いや~、しかし久しぶりに俳優で見ない映画を観たような気がする(笑)


ジェレミーぷるる脳でゆいいつ認識できたのが、睦月さんご推薦のナイスおじ様ジェレミー・アイアンズ。
確かに、『キングダム~』でもひるがえるマント姿がナイスだったもんねー。
一緒に行った友人が一目惚れしてましたから。
でも、死んじゃったから次は出ないんだよね・・・・残念。


主演の男の子エドくん、おとこまえっっっ!ってカンジじゃなく、ちょっと頼りなげで、とてもじゃないけど世界の救世主にはみえないところがグー。
んんー、でもエラゴンを助ける青年マータグ(ギャレット・ヘドランド)の役どころを、もーちょっと花美男系でおさえていただければもっともっとありがたかったんだけどなー・・・ま、だれもぷるるの好みなど聞いてないっちゅーことで。


あ!あと卵!ドラゴンの卵!!
なんであれだけ、学芸会の小道具みたいだったんだろー。
しかもエラゴン、軽々と持ってたゾ・・・。あの軽さからみて、まさかドラゴンの卵とは思わんかったなー・・・。すんません。めっちゃしょーもないところが気になってしまいまして・・・。


 


 


確かに平日の朝一だったけど・・・・観客5人だったよ。


今までの最高(最低?)記録かも。
前に観たアナザーバージョンでももうちょっといたもんなー。
左端におじさんがひとり。右端にちょっとお年を召したご夫婦?で、客席中央にワタシと友人。
ほぼ、スクリーン独占状態。しかもエンドロール終わって場内が明るくなった時には見事にふたりっきりでした!たはっ!


 


うんうん、エラゴン次も観るよ。
でもパイレーツみたいにかっがりさせないでね~♪

スポンサーサイト

コメント

そうそう、無難に収まってるよね、でも、15歳にしてこの想像力。
あ、15歳だからこその想像力かな。
おじ様ジェレミー、素敵だったでしょ、ね、お友達さん。
キングダムも機会があれば、見直してやって、素敵マントを翻して渋いから。

5、5人?!
それは・・・少なすぎ?!(笑)
なのでしょうか・・・公開って割と前でしたっけ?!
急に気になる映画になりました!(笑)

☆睦月さん☆
ファンタジーの王道ってカンジかな~。
ストーリーが単純なせいで、映像に没頭できて良かったわ~♪
キングダムは、友人に一応勧めてみるけど、あれ暗いからなー。
オーリーの顔もよく見えないぐらいだったもの(笑)


☆tiger eyesさん☆
しかも、そんなに小さなシアターではなかったんですよ。
確かに昨年から公開してるんで、公開から日がたってるのも原因のひとつでしょう。
あたしにしちゃー、話題作を観に行ったつもりだったんですけどねー(笑)

やっぱあの卵、気になるよねーっ!
まぁ、卵も15歳並みの仕上がりっちゅーコトで??
うんうん、ドラゴンが飛び回る迫力はスゴかった!
自分が乗るのは・・・ちょっと遠慮だけどね(^^;)
あらっ、ギャレットくんダメ? ケンカしないからヨシとするが(笑)
TBさせてもらうわ~♪

☆kajちん☆
そうなんだよー。もうどうしてもあの卵が気になっちゃってさー。
だってかばんに入れてエラゴン走ってるんだぜー・・・ぶつぶつ。

ギャレット君・・・だ、だめってわけじゃないけど・・・・
花美男とはちょっといいがたい・・・ごにょごにょ。
いつもTBありがとう♪

卵が光ってたし、あまり卵っぽくなかったですよね。
ジェレミー様はたーくさん出演作あるので是非他もご覧下さいませー♪
5人…レディースデーじゃなかったら私はいつもそれぐらいかも…。
10人超えると多いと思ってしまいます^^;

☆りーめいさん☆
もうどうしても卵が気になって気になって・・・
ってか最初みんなが「石」って言ってるんだけど、まったく石に見えなくって・・・
いけない、こんな重箱の隅をつつくような考え方・・・(汗)

えー!いつもそんなに少ないんですかっ!
でもうらやましいですぅ~。。。
観客少ないとラッキーって思っちゃいますもんね♪
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドラゴンライダーはハリポタより偉大だった

『エラゴン  遺志を継ぐ者』   ERAGON  /  2006年 アメリカかつてはドラゴンと心を交わす誇り高い戦士、ドラゴンライダーにより繁栄を極めた帝国アラゲイジアは、今ではライダー族の裏切り者で邪悪なガルバトリ

「エラゴン 遺志を継ぐ者」

<font size=4 color=black>ERAGON</font>2006年 アメリカ映画【監督】ステフェン・ファンマイアー【出演】エドワード・スペリーアス    ジョン・マルコヴィッチ    ジェレミー・アイアンズ    ロバート・カーライル【ストーリー】 17歳のエラゴン
今日は何日?
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS