ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなお兄ちゃんほしー!

僕は妹に恋をする『僕は妹に恋をする』(2007 日本)


双子の兄妹【頼】と【郁】は同じ高校に通う3年生。
兄の頼(松本潤)は成績優秀。女の子にも人気があるが、いつも無愛想。
一方、妹の郁(榮倉奈々)は補習組の常連。何をやってもドジばかり。
最近、頼の態度が冷たい。
「何をやってもダメな自分に愛想がつきたのかも・・・」
頼の親友の矢野(平岡祐太)に告白されたことを相談したかったのに・・・。

教室の窓から外を眺める頼の視線の先には、友達と歩いている郁の姿が。
楽しそうに笑っている郁を見て、頼は微笑む。
「頼でも、そんな顔するんだ・・・」
頼に思いを寄せるクラスメイトの友華(小松彩夏)はつぶやく。

ある夜、頼はベッドで寝ている郁に近づき手にそっとキスをする。頼の気配で目が覚めた郁に「もう自分の気持ちに嘘はつけない」と郁への思いを告げる頼―――


 


 


松潤かっこええーーーーー!!


だってかっこいいんだもん。




 


あきらかに『花男』効果で松潤に陥落気味のぷるる。
ただいま急速に脳内乙女化進行中(笑)。


 


 

おっと、映画の感想、映画の感想。




こんなお兄ちゃんほしいー!まず、ぷるるは妹との二人姉妹。(ちなみに母親も女3姉妹、娘も二人姉妹というすばらしき女系家族!)男兄弟というものは、未知の生物です。
なので単純に「こんなお兄ちゃん欲しいーーーーーー!!」となります。


んがっ、お兄ちゃんのいる友人にこの映画の話をしたとたん「気持ちわるっ!」と言われてしまいました・・・(T△T)
なるほど。自分の兄弟を重ね合わせてしまうのね・・・・うーん・・・それはイヤかも。


ま、でも男兄弟のいないぷるる。「ワタシは郁~♪ワタシは郁~♪」と呪文をかけながら、頼お兄ちゃんにメロメロ♪
途中、浅野ゆう子扮するお母さんが出てくると、ふっと母親の思考(自分の子供がこんなんなったらどーしよーーーーーー!)になったりしちゃいますが、ふたたび「ワタシは郁~♪」と呪文をかけなおして、妄想の世界へレッツ・ゴー!


 


ストーリー的には、頼が郁に告白するまでの心を葛藤を描いたお話かなーと思ってたもんだから、「え?もう告白しちゃうの???」しかも「えーーーーー!!!即OKかよっ!」とかなりの衝撃。
おいおい、このままラストまで二人のラブストーリーが突き進むんじゃないだろーなー。と思ってたら、たいした展開もなく延々二人のラブストーリー。くっ・・・やっぱり・・・。
一緒に観に行った友人は、頭がぐらぐら揺れたかと思えば(寝てるのか?!)、突然指をバキバキ鳴らし始めたり(睡魔と闘ってるのか!?)と・・・淡々としたストーリー展開に打ち勝てなかった模様。


や、でもホモはいかんよ。ホモは・・・。


 


 


ううーん、でも松潤かっこよかったから全部許す!(どないやねんっ!)


やっぱかっこいんだもん




スポンサーサイト

コメント

・・・・・・(^^;)
ぷるるん、そんなに松潤にメロメロンだったとは~!!
ワタシは郁ちゃんかわいかったから、「ワタシは頼~♪」だったけどね(笑)
でも母親だったら気が気じゃないよね~
ベッド見て気付く?シーンあったけど、いたって冷静だったのはスゴかった・・・
TBさせていただくね♪(レオ+ブッキー大丈夫だったよ、心配かけてゴメンね;)

☆kajちん☆
わたしは頼~!?
えええーーーーー!!だめじゃん。
やっぱ、松潤>ブッキーだわ・・・。あたしおかしい?
だれかーーー!あたしの脳内進行を止めてーーーー!!

うちも弟がおるでの~微妙に考えると、やっぱきもっの世界だわね。
ホモはいいけど近親はダメだって(笑)
ついでに、完全乙女脳となったぷるるん、もう誰も止められないわね。
そのまま突き進んでしまいなさいっ!(スカイハイ調で)
しかし、うちはど~~~しても若いのはダメだな~、やっぱり、ぷるるんとはとことん合わないわね(笑)

ん?ぷるる、やっぱり松潤に落ちてる?????

あとから考えたら矢野くんが買ったラッコ、ピンクだったな~。そんなことばかり気になってしまう(笑)

☆睦月さん☆
やっぱ男兄弟のいる人はだめみたいねー。
ホモはいいけど近親はだめ・・・ううーん、わかるようなわかんないような・・・(笑)

だから、ジェイクじゅうぶん若いって。
松潤・・・調べてみたらひとまわり以上、下だったわ・・・。ガーン・・・。
ジェイクの2こ下になるのかな???

☆こっとん☆
これを世間一般では堕ちてると言うんだろうか・・・。

あのラッコのピンク気になった!
自分用??
やっぱあそこでホモは反則だってば。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★鍵コメさん★
過去記事にコメントありがとうございます^^
やっぱりリアルに男兄弟のある人にはダメみたいですね
ってか肉親にこういう感情はなかなかおきないんでしょうね
どこまで行っても小説の中の世界ですから(笑)
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

結ばれないからこそ純粋な愛・・・

『僕は妹に恋をする』    2006年 日本幼い頃は結婚を約束するほどの仲良しだった双子の兄妹、頼(より/松本潤)と郁(いく/榮倉奈々)は、同じ学校に通う高校3年生。郁は自分に想いを寄せる頼の親友・矢野(平岡祐太)の
今日は何日?
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。