ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無言の恋愛


3-IRON『うつせみ/3-IRON』 (2004 韓国)


大型バイクにまたがり、住宅街にビラを配り歩く青年テソク(ジェヒ)。
夜になると舞い戻り、玄関にビラがついたままの留守宅に侵入する。
シャワーを浴び、テレビをつけて冷蔵庫の中のものを食し、住人の洗濯物を片付け、壊れたおもちゃや電化製品を修理し、翌朝住人が帰ってくる前に出てゆく・・・・
そんな生活を送っている青年。
ある日、主人が出かけた大きな邸宅に侵入する。
いつものように、風呂に入り、洗濯をし、壊れた体重計を修理して、食事をして眠りに付く――


独占欲の強い夫に虐げられ、広い家にひとりで抜け殻のような生活を送っているソナ(イ・スンヨン)。
その日も暴れた夫に殴られたため顔にあざをつくり、ひとり暗い部屋の隅でうずくまっていた。
ジェヒくんその時、部屋の戸を開ける見知らぬ青年の姿が。
青年は自分には気づいていない。
物陰からそっと青年の行動をみつめるソナ。
青年は自分の家のように風呂に入り、食事をとり、眠りにつく―――


青年の寝ている部屋の戸を開けたソナ。
物音に飛び起きた青年は慌てて出てゆこうとしたその時、電話のベルが鳴る。
電話口に向かい叫ぶソナを残し、邸宅を飛び出すテソク。
しかし、ソナのことが気になり再び邸宅に舞い戻った時、夫に虐げられる彼女の姿を見てしまう。
テソクにゴルフボールをぶつけられ庭にうずくまっている夫の脇をすり抜けて、テソクのバイクの後ろにまたがるソナ―――


 


 





主人公ふたりの会話はありません。ジェヒ君は劇中一言も発しません。イ・スンヨンも3言しかしゃべりません。


キム・ギドク監督の作品をひとつも見たことなく、これもとりたててギドク監督だからというわけではないのですが、以前から見たいな~・・・と思ってたんだけど、なかなかレンタルにまで至らなかった映画。偶然にも前に友人に借りたドラマ『怪傑春香』に出てたジェヒくんが出てると知ったので、思い切ってレンタルしてきました。


うつせみすごい不思議恋愛映画です。
ジェヒ君、春香のモンリョンなんかより、ずーーーーっとかっこいい!
目力が最高。不思議オーラがバシバシ出てます。
そして劇中、しゃべってるのは周りの人間だけで、ふたりは一言もしゃべりません。
会話はないけれど(会話が無いから?!)、二人の間の心の動きが手に取るようにわかります。


途中、テソクの服役シーンで、ナニ?!?と思ったけど(脱獄するのかと思っちゃったよ)、続きを見て「なるほど」と。
最後のソナの家でのシーンは素敵です。
ラストの体重計の目盛に感嘆のため息が出ました。
永遠の乙女達にこの不思議感を味わってもらいたーい!!


 


んー、でもジェヒ君。ブラジャーとスニーカーは一緒に洗わんで欲しかったなぁ(笑)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今日は何日?
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。