ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これも絵島事件

大奥『大奥』 (2006 日本)


7代将軍徳川家継の御世。将軍はまだ数えで6歳。当時、実権を握っていたのが、6代将軍家宣に取り立てら、能役者から家継の側用人へと取り立てられた間部詮房(及川光博)。そんな間部をその座から引き摺り下ろそうと狙う老中・秋元(岸谷五郎)。




絵島、月光院、天英院一方、大奥でも、家宣の側室でありながら将軍の生母となった月光院(井川遥)と、正室であったが子に先立たれた天英院(高島礼子)との対立が激化していた。
家宣の他の側室達、蓮浄院(松下由樹)や法心院(木村多江)や老中・秋元が天英院側に付く中で、月光院の味方は、若くして大奥総取締役となった絵島(仲間由紀恵)と、月光院と恋仲にある将軍側用人・間部だけであった。


禁断の恋に溺れる月光院の密通はやがて天英院の知るところとなる。
ここで一気に月光院の権勢を砕きたい天英院と上臈御年寄の滝川(浅野ゆう子)は、まず、月光院の右腕・絵島を罠にはめ、そこから月光院の密通の証言を取ろうと画策する。

生島新五郎そして、歌舞伎座山村屋の看板役者・生島新五郎(西島秀俊)に絵島との密通をそそのかす。


大奥内の、不穏な動きにいち早く感づいた絵島は、何かと近づいてくる生島が、天英院の回し者であることに気づくのだが―――


 


 


 


ラブロマンス度0.5パーセントの『チュモン』から、一気に愛憎劇一直線の『大奥』へと走ってしまいました(笑)
ううーん、やっぱこういう泥沼ドラマ大好き♪


見始めて数分、「ちくしょー、マンネリの絵島事件かよー」と思ったのもつかの間、
なにっ!生島が天英院の回し者?!
・・・と、あっさりプロデューサーの思惑(?)通り劇中に引きずり込まれてしまうぷるる・・・。


有名な絵島事件とは多少(だいぶ?)異なるのけど、フィクションだから映画だからこれでいいのよ~と思うんだけどね。
途中、何度か泣けるシーンもありーの、大奥にはかかせないあのメロディーもありーの、なおかつお馴染みのメンバー。私的にはかなり良かったわ。

ただ、最後、生島には生きてて欲しかったなぁ~・・・。だって、ホントは流刑よね。死んじゃうとは思わなかったからさー・・・。

スポンサーサイト

コメント

ぷるる見たのかー
そうかー、おもしろかったのか。こっとんも見てみようかな。
大奥のノリは久しぶりやし、キャストもまんまやし。
個人的には木村多江さん好きなのよねー。

久しぶり!最近、ハハなぷるる減ってないか?あたしの気のせいか?(笑)
だけど、毎日、映画にドラマに漫画に・・・ほんますごいな!ただただ、関心するのみでございます。たまに見に来るんやけど(申し訳ないけど)あたしには難しくってコメントできましぇーん!

★こっとん★
歴史度は低いけど、泥沼度は高いわよ(笑)

あ、なんならチュモンも・・・・


★るるぴん★
うぉっ!
どちら様でしたっけ・・・( ̄m ̄〃)ぷぷっ。
だめじゃん。ちゃんとるるぴんもついて来てくれなくっちゃ!
ほらほら、こっとんをみてごらんよ。
なんやかんや言いながらついてきてるっしょ(笑)
非公開コメント

今日は何日?
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。