ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

韓国版武侠的世界

無影剣『無影剣/Shadowless Sword』 (2005 韓国)

 926年。勢いづく契丹の東丹国建国により、滅亡の危機に瀕している渤海。契丹の刺客により王は殺され、残された皇太子も刺客の手にかかってしまった。
残る王族はただひとり。14年前に政争に巻き込まれ中原へ追放されたテ・ジョンヒョン(イ・ソジン)。渤海の重臣達も、契丹の刺客団も血眼になって彼を探している。
そんな中、渤海最高の女剣士ヨン・ソハ(ユン・ソイ)は刺客団よりも先に皇子を見つけ出し国へ無事連れ帰るという重大な任務を受ける。

一方、祖国渤海を裏切り契丹の刺客団団長として悪名を馳せているグン・ファピョン(シン・ヒョンジュン)と彼の腹心であり刺客団副団長でもあるメ・ヨンオク(イ・ギヨン)も、東丹国王の命を受け、死に物狂いでジョンヒョンを追い詰めていた。

契丹の刺客団から皇子を守るべく、渤海の王族に伝わる秘剣「無影剣」をふるい、戦い続けるソハ。
王族への恨みのため、自己の野望のため、執拗にジョンヒョンを追い詰めるファピョン。そんなファピョンを慕いつつ、ソハに女剣士としての嫉妬をむき出しにするヨンオク。

「なぜ俺が王にならなければならないのだ?」
渤海への愛国心や王たる自覚が欠落しているジョンヒョン
「私は知っています。すばらしい王になられるお方です。」
と言い切るソハ。

ジョンヒョン皇子

ジョンヒョンとソハの運命は。
無事、渤海へ帰り着くことが出来るだろうか・・・。

 

 

韓国版ツイ・ハークワールドかっ!?

 

 

 

スピード感重視のアクションといい、ワイヤーワークといい、『七剣』や『スウォーズマン』、『英雄』の臭いがぷんぷんします。 (干してある?反物ぶんぶん振り回したりぐるぐる巻きつけたりする華流武侠映画ではお決まりのシーンもありました!)

鑑賞後、DVDパッケージの裏を見たら・・・武術指導がマ・オクソンって書いてあるけど・・・ごめん・・・誰?ヌグニャ??
あっれー??シウトンさんじゃなかったのかい??

検索したら・・・
マー・ユンシクのことなのね~。
私の睨んだ通り、ツイ・ハークワールド建立の主要人物。
で、シウトンさんもがっつりからんでました。

『英雄』ほどの色気や個人テクは無いものの、やっぱりウーピンさんのそれとは一味違う、どちらかというとマニア向け?なアクションがんがんです。


軽功で駆け抜けますのっけからソハの内功バリバリ全開!
ソジンさんの手をひきながら、見事な軽功で飛び回ります。
剣技で屋根瓦もふっとびます!
もちろん点穴シーンも随所に出てきます。

で、最初はつたない振りをしていたソジンさんも、ソハには及ばないものの、それなりの内功を発揮しはじめます!中盤になると、ふたりで手を取り合って水上漂(水面を駆け抜ける軽功のひとつ)で川面を駆け抜けてるもんねー。
韓国版江湖の世界!武芸が出来て当たり前。内功駆使してなんぼよねー。


この映画の見所は、なんと言ってもソジンさん
・・・・では無くて(ソジンシ ミヤネー( ̄ー ̄;)
女の戦いソハとヨンオクの女の戦い!!
ああー、強い女侠って大好きよ~♪
『英雄』の時のツィイーよりも良く見えたユン・ソイのマーシャルアーツ。
ただ単に好みの問題?だってどことなくあたしの大好きなミシェル姐さんに似てるんだも~ん♪
ヨンオクの暗器(飛び道具。ヨンオクが途中でソハに放った毒針なんかは中華武侠では邪教の手先しか使わない。)さばきも最高にかっこいいし、なんといっても彼女の立ち姿がすばらしい!
迫力あるわぁ~!

何気にソジンさんの演武シーンもあったんだけど(あれはペンサービス??)
ううーむ・・・ああいうのは、やっぱ連杰クラスじゃないとねー(笑)
(演武には辛口なぷるる)


ソハもちろんソジンさん目当てで買ったさ!
でも、ソジンさんじゃなくてソハに釘付けだったよ・・・。
ラストにちょろっとだけ、かなりモシッタなソジンさん出てきますが、その頃には、もうぷすぷす燃え尽きちゃってました。はぁ~。


かなーり、アクション重視の映画なので、ストーリーは二の次みたい(笑)
人物間の恨みや運命が甘い甘い!
まあ、あんだけアクションシーンいれたらそんなストーリー入らんわ。

「無影剣」自身もオーラスまで、で、この剣の意味は?
まさか、ただ単に渤海に伝わる宝剣とかじゃないだろーなー!・・・と思ってたら
最後の最後、ジョンヒョンとファピョンの一騎打ちのシーンでばばばーーーーっと解明。なるほどねー。


ファピョン“無影剣を持つ者=渤海の王となるべく者”には撃倒神剣を発する力だけでなくそれを受け止める力も宿るんだけど、ファピョンは正当な剣の持ち主ではないから受け止める力は宿らなかったってことなのねー。ううーむ、すっきりしたようなしないような。

撃倒神剣ってどんなわざ?
剣から放たれた内力?
掌打も放ってないし、点穴もついてないし。
ジョンヒョンの兄ちゃんもこの撃倒神剣で倒したって言うとったけど、あたしの目には普通にばっさり切られて殺されてたようにしか映らんかったんやけど・・・・

しまった・・・。
久しぶりの武侠ワールド。
ついつい熱く語ってしまった( ̄ー ̄;


とどのつまりは・・・
中華ありえねー!アクション映画が好きな人ならこの映画は見れる!
ということが言いたかったのよ。


では、今からもう一度アクションシーンのみ堪能して寝ます♪
ああー、やっぱあたしってパボヤー?!

スポンサーサイト

コメント

思いっきり、私も楽しめそうですね♪
レンタルだとまだ新作だったような気がするので
新作じゃなくなるまで待ちます^^;
強い男も強い女も大好きです!
武侠万歳(^o^)/

>ぷるるさん
鑑賞おつかれさまでしたぁ~!
ソハ姐さん、べっぴんさんで、しかもオットコマエに凛々しくて
春日もはまりそうですわ~ん♪

…しかしてやっぱりストーリーは遠~くで鳴ってる感じのまま
終わるんですね…(汗)うーん、それじゃ韓国でコケても
しょうがないかも。。。

いまいち、ソジンさん、脚本に恵まれてない気が(苦笑)

映像とアクションとストーリー、全部が揃った作品て、
やっぱり滅多にないんですねぇ。

演武辛口評、笑わせていただきました…!
って、ぷるるさん唸らせる人、限られすぎ(爆)

★りーめいさん★
全然いけますよ!
キャストが韓国人の中国映画ですから(笑)
カットされてるシーンがかなりいいんで、ほんとご近所さんだったら持って行くんだけど!


★春日さん★
その後、特典ディスクの方を見たら、なんでそこをカットしちゃったの?っていうカットシーンが満載でした(笑)
ストーリーをとるかアクションをとるか・・・で、きっとアクションを取ったんだと思います。
脚本は悪くないとは思うんですけど、ソジンさんの魅力を堪能する映画ではなかったですね^^;

演武は、中華アクション映画につきものなんで、きっとあえて入れられたシーンなんだと思いますが・・・別に無くても良かったんでないか?と日本人目線では思うわけですよ~。

『HERO』はご覧になられましたか?
もし、この映画がいける口でしたら、ぜひぜひ『HERO』もご覧になってくださいませ。

ふぎゃー!
おもしろそうじゃーー!

こっとん こーゆー強いお姉ちゃんツボです

見たいーーーー!

★こっとん★
ふふふ・・・おぬしも好きよのぅ。
非公開コメント

今日は何日?
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS