ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

美しき女侠

大酔侠 『大酔侠/COME DRINK WITH ME』 (1966年 香港)

総督府高官を父に持つ女侠、チン・イェンツ(チェン・ペイペイ)。
山賊の頭領を護送中、逆に山賊に捕らわれの身となってしまった長官の兄を助け出すため、山賊のアジトを探しまわっていた。旅の途中、男装をして宿屋で食事をとっていた時、山賊の一味の襲撃にあったのだが、すんでのところで釣竿を持った謎の酔っ払いに助けられる。じつは彼女を助けたのはただの酔っ払いではなく“酔侠”と呼ばれる青竹派の使い手ファン・ターペイ(ユエ・ホア)。
兄が監禁されている寺へ単身乗り込んだチン・イェンツだったが、逆に山賊団の“玉面虎”ことティン・チュンユ(チェン・ホンリエ)の毒針に当たってしまい、命からがら林の中へと落ちて行く。
林の中で生死の境をさまよっていた彼女を助けたのが、宿屋で彼女のピンチを救ったファン・ターペイ。
その後、イェンツに変わって山賊のアジトである寺へ乗り込んだターペイは山賊の黒幕が自分の兄弟子であることを知ってしまう。




かねてより見たい見たい・・・と思いながらも、ついつい見そびれていた一作。
ショウブラザーズがカンフー映画の代名詞となるきっかけともなった作品。
映画『グリーンデスティニー』で“碧眼狐狸”を演じたチェン・ペイペイがアクションスターとして名を馳せるようになったきっかけとなった作品。
あたしの大好きなツイ・ハーク・ワールドを観る上で、かならず引っかかってくるキン・フー監督の代表的作品。
ほんでもって、昨日観た『ドラゴン・キングダム』で出てきた“ゴールデン・スパロウ(金燕子)”の映画。


最近主流のワイヤーバリバリ、剛速球なアクション連打のマーシャル・アーツとは一味も二味も違う、なんて言うか・・・そう!武侠小説を読んでいるような映画。


前半の宿屋でのシーン。
イェンツが宿屋に食事のために入っていって・・・・店主に酒を頼むまでのああいう間のとり方。
その後につづく、相手の力量の探りあう粋なアクションシーン。
チェン・ペイペイのアクションは流れるようで、なんとなく『英雄』のチャン・ツィイーのアクションを思い出させます。(後で調べたら、チェン・ペイペイもバレエ畑出だそうです。なるほど。)

鄭佩佩


とにかく、自分が生まれるよりも前に、こんな映画があったなんてーと純粋に感動。




ただ・・・きっと、この映画に出演なさってた方たちは、将来自分達の映像がデジタルリマスター版になるとは夢にも思ってなかったんだろうなぁ~と。
ある意味、酷よね(笑)
敵役の扇をあやつるチェン・ホンリエのメイクなんて・・・きっと当時は【色白な書生風な男】ってとこなんだろうけど・・・顔だけ白塗りで首はそのまま。怖いよー。


あ、あとね、“酔侠”がいっつも握り締めてた釣竿?が青竹派の総師の証ってなってたけど、これって丐幇の打狗棒的なものなのかしら??
てっきり“丐幇”ってのは金庸がかってにつくりだしたモンだとばかり思ってたんだけどそうでもないのかな??

ううーむ、武侠&香港映画の世界はやっぱり奥が深いっす。
まだまだ修行が足りないようです。



そうそう!この映画の子役の中に10歳頃のジャッキー・チェンがいるとのことで・・・きっと最初のほうに出てくる“酔侠”が連れていた子供たちの中にいるのかなぁ~と思って、目を皿のようにしてみてたのですが・・・わかりませんでした;;
(ちなみにシウトンさんも子役として出てたらしいのだけれども、もともとシウトンさんの顔がよくわかんないから判るわけも無く・・・)
スポンサーサイト

コメント

ぷるるさま。

ごらんになったんですね~。春日も、パンフに上がってるので、見てないのはぜひ見たいと思いました…! ご意見、激しく同意。どこの国でも、時代劇って、やっぱり製作年代は古い方が、より知識や常識があるせいか、雰囲気をくみ取って、情趣に富むんですよねぇ。粋なやりとりとか、さりげない日常描写に息づく庶民の暮らしとか、そういうとこがたまらなく好きな春日は、つい懐古趣味に(爆) 

いまは技術と演出が上手いから、そうひどい作品には当たらないけれど、どれも似たり寄ったり…ということも(苦笑)

あと、連傑の新しい目のは見てないんで、コンプリ希望(笑)とりあえず次は、「投名状」で!(笑)

★春日さん★
昔の映画には昔のよさがあり、今の映画にはやはり今だからこそ取れる技術や表現があり・・・
私はそう懐古趣味な方ではないのですが、今の映画には無いものが汲み取れてとても良かったです~
^^
ふふっ。『投名状』いいですね~。
早く公開して欲しいもんです。
ぜひぜひぷるるの大好きなダニーちゃんも見てやってくださいませ。

見ごたえありそうですね!
ジャッキーも探してみたい!
やっぱりこの夏は功夫映画ですっきりいきたいです。
普通にTUT〇Y〇とかに置いてあるんですか?

★りーめいさん★
私は普通にTU○A○Aで借りましたよ~^^
同じショウブラでもカーリョンさんとかチャーフィーさんとかとはまた一味違う仕上がりですので是非!
ジャッキーが判ったら絶対教えてくださいね。
非公開コメント

今日は何日?
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS