ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

世界一、葉巻の似合うデブ


猛龍『ドラゴン・スクワッド/猛龍Dragon Squad』 (2005 香港)


黒社会のドン、タイガー・デュンの弟パンサーがある重要事件の参考人として出廷することになった。国際マフィアの一掃を狙う香港警察は、この重要な裁判に向け、各国の捜査官と証拠集めに奔走した。そして裁判の日に集められた若き5名のエリート捜査官達。


若き捜査官達アメリカから、元SWATで左利きの一級射手ホー(ヴァネス・ウー)
香港警察から、元暴走族取締課で最高のドライビングテクニックを誇るロク(ショーン・ユー)
同じく香港警察より潜入捜査のスペシャリスト、シュウ(ホァン・シェンイー)
中国警察からはスナイパーのシャオジュン(シア・ユイ)
イギリスから元特殊部隊員のジェイ(ローレンス・チョウ)
彼らは香港警察のホン警視(サイモン・ヤム)の指揮下でパンサー護送の任務に就く。


しかし、彼らの乗った車がトラブルに。銃を片手に飛び出す5人。しかし、彼らが護送していた車にパンサーは乗っていなかった。そのころパンサーを乗せた護送車は謎の武装集団による襲撃に合う。警察官は皆殺しにされ、パンサーは連れ去られてしまった。


パンサーを襲ったのは国際的武装集団。
元コロンビア軍大尉のペトロス(マイケル・ビーン)
元韓国軍特殊部隊大佐のコー(ホ・ジュノ)
元ベトナム軍スナイパーのユエ(マギーQ)
彼らに拷問を受けるパンサー。彼らの狙いはタイガーだった。


目的遂行のためには手段を選ばないテロリスト集団VS若き先鋭刑事達。
テロリストの真の目的とは―――


 


 


はいっ!やっと鑑賞することが出来ました。


製作・総指揮、スティーブン・セガール
主演が、華流の最先端を走っているイケメングループF4のヴァネス・ウーと若手俳優としてエディソンと人気を二分するショーン・ユー
そしてそして・・・忘れてはならない我らのキンポー!


きっときっと、かっこいいイケメン軍団+最高の(デブゴン)アクションが見れるに違いないっっっ!!

オープニングに流れるヴァネちゃんの声に、しょぱなからクラクラ。
自分でも、声だけでヴァネちゃんだー・・・ってわかってるところが怖い。


香港映画によくある、オープニングとエンディングがつながるパターンね。


映画本編は、チャプター形式。これがけっこう映画の流れをわかりやすくしてたりする。ワタシ的にはなかなかナイス。何気に中国語表記がうれしかったりする。


テロリスト集団が警察官達を残虐に殺戮していくシーンなんかは、ジャッキーの映画「香港国際警察」の二番煎じ感がいなめない。
とりあえず、痛い痛い。あー、切られる切られる・・・ぶしゅっ・・・。あー、撃たれる撃たれる・・・ガガガガガーーーッ。何度目を覆ったことか。
最近の香港映画って、こういう残虐なシーンがものすごく増えたよねー。インファナルなんてまだまだ甘い甘い。
ほとんどガン・アクションが中心なので、銃撃戦が好きな人にはたまらん映画なのでしょう。(六本木のシネマートでは確かモデルガンが展示してあるのよね?)ただ、残念ながらぷるるガン・アクションはちょっぴり苦手。だから正直、銃撃戦のシーン長くない?って思っちゃいました。(これが見せ場なんだけどねー)
ほんでもって、射的(夜店なんかにあるアヒルちゃんを打ち落として商品もらうやつね)のシーンは、ヴァネとショーンのファンサービスカットよね。ヴァネちゃんカッコつけすぎ(笑)。や、かっこよかったからいいんだけどさー。



揺れる~お腹~♪ストーリーは、刑事物としては定番。仲間のつながりとかを色濃く描き出してて、その中にロマンスありーの、過去のしがらみがありーので。
ロマンスのほうはなかなか良かったです。潜入捜査官シュウとタイガーの元愛人ジン(リー・ビンビン)のそれぞれの結ばれないロマンスがビミョーにからんでくるんだけど、これが意表をついて裏が無い相思相愛でなかなかぐっとくるものがあった。
ぷるる的には、マフィア抗争よりもこっちの話のほうが印象に残ってるよ。

ただ、かなり残念なのが、アクションシーンのカメラワークが落ち着き無さ過ぎ!せっかくのサモハン・アクションが何がなんだかわかんない。もっとロングショットでぐいーーっと引いて撮ってくれなくっちゃー!
ひょっとして、サモハンの足が上がらなくなってて、カメラでごまかしてたのか・・・!?えーーーーーー!!(いえいえ。サモハンの足はちゃんと上がってました。)

シャオジュンでね、でね、この映画、たしかにショーンとヴァネちゃんかっこよかったよ。(どっちかっつーと、ヴァネちゃんメインみたいやったけど・・・)
んがっ!ぷるるのハートをぐっとつかんだのは・・・スナイパー役のシア・ユイ♪かなりいいっ!!
出てきた当初から、「んんーーー、誰かに似てるなぁ・・・誰だ?」と思ってたんだけど、途中で思い出したっ!!学兵さんに似てるんだーーーーー!!顔の系統がいっしょ。
銃を構える姿もかっこいい!おそらくぷるる初対面。これがひとめぼれってやつかっ!?


 シア・ユイね。チェックチェック♪


王学兵はいはーい♪復習の時間ですよ~!
覚えてますか?
以前、ぷるるがずっぽりはまった『七剣下天山』のヤン・ユンツォ役の王学兵さんでーす!


 


 


 


原題の『猛龍』は、日本のTVドラマ「Gメン’75」の香港タイトル「猛龍特警隊」からとったんですって。ふーん。だから丹波哲郎絶賛!とか出てたのか。


 
夏雨


 


 


 p.s.この記事書いた後に、sina.comでシア・ユイ(夏雨)探しに行きました。うん、学兵さんには及ばないものの、なかなかいいカンジ?あのスナイパー役かなりかっこよかったもんねー。

スポンサーサイト

コメント

>「香港国際警察」の二番煎じ感
そうか・・・でもこういうネタ好きなのよ~(笑)
結構豪華キャストでない?!
もっとドーン!と公開しないから、華流がマニア向けみたいに思われちゃうのよね~
ジェリーが主役だったら扱い違ったのかしらん・・・(; ̄ー ̄A
しかしサモハンもまだまだ頑張るね~!
そういえばユン・ピョウってどこ行っちゃったのん??

ってそうそう、パネル3ショットはしてこなかった(恥ずかしくて出来なかった?)のね・・・わかるわかる~!!
で、公開終わったらください♪って予約してきた?(笑)

わーい♪
私も本日(日付変わっちゃったけど)見てきましたー!!
ぷるる師匠の記事にうんうんうなずいちゃいましたー!
アヒル打ち落としシーン、v-10ですよ、ほんと。
わたしはショーンしか見てませんでしたけど(笑)。

シア・ユイさん・・・えなりくんに似てる・・・ような。
あ、ごめんなさいっ!どーしてもえなりくんに見えて仕方なくて!!
ホ・ジュノさん・・・市村正規か石井竜也に似てるような(笑)

久しぶりにグロい銃撃戦を見たので、ちょっとそれが苦手な私には刺激が強うございましたが(笑)
こってりどっぷりロマンスたっぷりよりも
楽しめましたです~!!

TBさせていただきましたー!

☆kajちん☆
ううーん、ぷるるスプラッタが超苦手だから、あの殺戮シーンはだめだなぁ・・・。SPLもこういうシーンがてんこ盛りだったんだよ・・・。
ジェリーが主役でも怪しいなぁ・・・(だってマジックキッチンも細々やってたっしょ)
やっぱ、ここは師父じゃないと!(若手に入らんけど・・・)
ユンピョウ!懐かしいっ!!きっと香港では重鎮として活躍してらっしゃることでしょう。
そういえば、あたしのユンピョウの写真集知らない(笑)?

しまったーーー!!
公開終わったら頂戴っ!て言うの忘れてたー!

☆tiger eyesさん☆
おおおー!観に行くことが出来たんですねー!
愛しのショーンに会えて今は幸せにひたってるところでしょうか?
あのアヒル打ち落としシーンねぇ・・・ファンにはたまらんサービスカットですけど・・・(笑)
きっとtiger eyesさん同様おめめハートで観てる人たくさんいたんでしょうね!

ホ・ジュノさん、ワタシも市村さんに似てるーー!と思っておりました。この方、次のウソン様の映画『中天』にも出てらっしゃるようです。

最後に・・・シア・ユイとえなりくんは似てなーーーい!!

ぷるるさん、こんにちは。
まず、タイトルの“デブ”と、
国際的武装集団役の中の“マイケル・ビーン”に
反応してしまいました。
(←『ターミネーター』に出ていた役者さんで
  結構好きなんです( ̄▽ ̄*)ゞ)
やっぱりと申しますか、“デブ”は
キンポーさんですよねぇ( ̄m ̄*)
つーか、何かますますデブっぷりに
磨きがかかって来てますなぁw(@_@)w
・・・って、着目点がズレまくりですよね(爆)
済みませーんm(_ _)m

今、映画のサイトを見に行って来ました。
面白そうだけど、残虐シーンがかなりスゴイそうで
私には無理かも・・・( ̄▽ ̄;)そのため、
ぷるるさんオススメの『武士』(でしたっけ?)も
観るのを断念したしなぁ。うーん、悩むわ・・・

わぁ~~いいないいなぁ~~~
ミタイみた~~~い!!!

しかしサモハンまた大きくなった???
なになに?セガールが総指揮??!!
実はセガールも好きだったりするアシャ♪関西弁しゃべるところがまたいいのよねぇ~~☆

マギーQもでてるの??この女優さんも大好きなんだぁ~~☆びっじんだよねぇ~惚れ惚れしちゃう♪

あ~こっちではほんまに上映予定あらへんのやろか・・・(T-T)

なかなかおもしろそうな映画みたいですね~
香港国際警察、インファナル・・・とぷるるの影響をドップリ受けてる成果か(笑)役者さんの名前もずいぶん覚えてきました。

ふと、意外なところでマイケル ビーン!
若かりし頃、ポスターもってました。
きゃーーーー!
年齢を重ねたマイケルに会いたいような会いたくないような・・・。

☆フラワーさん☆
殺戮シーンでちょっぴり目をつぶれば全然観れますよぅ~。
ぜひぜひ観てくださいませ~^^
ショーンやヴァネちゃんで目の保養にもなりますから!

サモハンはまるで肉襦袢をつけているようでした。
若手とランニングするシーンは、どうしても上下にゆれるお腹に目がいってしまって・・・( ̄w ̄)
あの体であれだけ動けるんだからすごいもんです。うんうん。

☆アシャさん☆
ええ、サモハンかなーり大きく成長なさってるわよ~。
サモハンが動くたびに揺れる巨腹に視線は釘付け!
うんうん。セガールさん、アシャさんのタイプよね
( ̄m ̄* )ムフッ♪
結構評判いいみたいだから、そのうちそちらでも上映するかも!?
マギーQ、かなーりかっこよかったわよ~。ぷるるの中では、勝手に東洋のデミ・ムーアと思ってるんだけど。

ううーん、映画館で観られないアシャさんが、かわいそうだわ~(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!

☆こっとん☆
なんだか、えらくマイケル・ビーンに人気集中よねー。
普通の外人じゃんっ!(あ、怒らないで~)
だからさ、シア・ユイだってば。
ちゃんと見た!?
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画で旅する香港5『ドラゴン・スクワッド』

夜の始まりは、六本木。 黒服のお兄さんがたくさん目をぎらつかせている中を大股で急ぐ。 開始10分前! ギリギリ到着。 さすが、レディース・デー。 アクション映画なのに、女性が多い・・・しかも・・・あんまり若くない(ってわたしもだった!!/笑)。 香港を揺
今日は何日?
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS