ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dで観たかった・・・

タイタンの逆襲 『タイタンの逆襲/WRATH OF THE TITANS』 (2012年 アメリカ)


2010年の映画『タイタンの戦い』の続編

全能の神ゼウス(リーアム・ニーソン)と人間との間に生まれた勇者ペルセウス(サム・ワーシントン)。
アルゴス国の王女アンドロメダ(ロザムンド・パイク)の救出劇から10年。10歳になる息子のヘリウス(ジョン・ベル)とふたり穏やかな漁師生活を送っていた。
しかしそのころ天上界では人間の崇拝を失った神々は力を弱め、人間界の支配をもくろむ凶悪なタイタン族が力を強めつつあった。タイタン族を率いるクロノスは、全能の神ゼウス、冥界の神ハデス(レイフ・ファインズ)、海の神ポセイドン(ダニー・ヒューストン)の父。その昔、三兄弟によって絶大な権力をうばわれ、冥界の奥深くのタルタロスの牢に閉じ込められているのだが、ハデスはゼウスの子アレス(エドガー・ラミレス)と共にクロノスと手を組み、ポセイドンを滅ぼしゼウスの力を封じ込め、クロノスの覚醒に手を貸してしまう。
世界の危機を察知したペルセウスは父ゼウスを救うため、ポセイドンと人間との間の子アゲノール(トビー・ケベル)と堕ちた神ヘパイストス(ビル・ナイ)、そして女王アンドロメダとともに冥界への旅に出る―――


タイタンの逆襲



なんでか知らんけど
娘②が見たい!見たい!と言い張るもんだから
娘②とお友達の二人を連れて観に行ってきました



もちろん全員『タイタンの戦い』未見
わたしもギリシャ神話なんてあやふやな記憶しかないし~
娘達ははっきりいって未知の世界(笑)








続きを読む

ついに刻印の相手が・・・

ブレイキングドーン  『トワイライト・サーガ:ブレイキング・ドーン-Part1/THE TWILIGHT SAGA: BREAKING DAWN - PART 1』 (2011年 アメリカ)

永遠の時を生きるヴァンパイア族のエドワードとヴァンパイアへの転生を願う人間の少女ベラとの禁断のラブストーリー最終章前編

永遠の愛を誓い合ったエドワードとベラ
いくつもの苦難を乗り越え、ついに二人は結婚の誓いを結ぶ
ヴァンパイアへの転生を目前に控えたベラだったが彼女には人間である間にやり遂げたいことがひとつ・・・その夢がついにハネムーンでかなう・・・
プラトニックを守っていたエドワードとの夢がかなったベラだったが、幸せの余韻に浸るのも束の間、禁断の子を身ごもってしまったことに気づく―――

急速なスピードでベラの胎内で成長する胎児
胎児に栄養を奪われ、みるみるやせ衰えてゆくベラ
ベラの生命が危険にさらされていることを悟ったエドワードは胎児摘出を望むのだが―――




待ってたわよーーーー!!!
エドワーーーードォォォォ!
ジェイコブゥゥーーーーーー!!!

ブレイキングドーン

ブレイキングドーン


パンフレットもいつもながらに特別版と通常版・・・
金欠ぷるる・・・通常版でぐっとがまん(;;)

でもね~
こんなにステキなのよ~~

ブレイキングドーン


続きを読む

天国の入り口

天堂口 『ブラッド・ブラザーズ -天堂口-/BLOOD BROTHERS』 (2007年 台湾/香港)

1930年、富と希望のあふれる町上海。貧しい農村の三人の青年カン(リゥ・イェ)と弟のフー(トニー・ヤン)、そして友達のフォン(ダニエル・ウー)は夢をもとめて上海へとやってくる。
高級クラブ『天堂口(パラダイス)』のボーイとなったカン、人力の仕事にしかつけないフーとフォン。金を稼ぐことの難しさを悟った3人は義兄弟の契りをむすび次第に裏の仕事に手を染める。
天堂口の歌姫ルル(スー・チー)に一目ぼれしてしまったフォン。しかし彼女はマフィアのボス、ホンの愛人。ホンに近づくなとルルに釘をさされたものの、ホンに取り入るカンに引きずられるように次第にマフィアの中核へと近づいていってしまう。そしてホンの右腕マーク(チャン・チェン)との出会いから彼の運命は少しずつ狂い始めていく・・・


 

 



見たい見たいと思いながらすっかり忘れてたこの映画。
偶然スカパの番組表で見つけたから~





うう~
ジョン・ウー
やっぱりあんたとの相性は悪いみたい

続きを読む

ワタシもヴァンパイアに・・・

トワイライト 『トワイライト~初恋~/TWILIGHT』 (2008年アメリカ)
アメリカ一雨の多い町フォークス。母親の再婚を機に、父親と暮らすためこの町に引越しをしてきた高校生ベラ(クリステン・スチュワート)。転校したハイスクールで新しく出来た友達とランチをしていると、そこへとりわけ色白かつ美しい5人の男女を見かける。町の外科医、カレン夫妻の養子だという彼らは、あきらかに他の生徒とは壁をつくり彼らだけでいつも共に行動している。
その中でもひときわ美しい青年エドワード(ロバート・パティンソン)になぜか視線を奪われるベラ。
しかしあからさまに初対面のベラを避けるエドワード。
初対面の人間に避けられたことへの憤りと落胆を隠せないベラ、しかもその後エドワードは学校へ姿を見せなくなる。
何日か後、ようやく登校したエドワードは以前とは別人のようにベラに親しげに話しかけてくる・・・なぜ?


その日はとても冷え込んでいた。朝から雨と霧の町フォークスは凍りついていた。授業を終え自分の車に乗り込もうとしていたベラのところへ、運転をあやまりスリップした車が突っ込んできた。車と車の間に挟まれると思った瞬間、彼女を抱きかかえながら素手で車を止めるエドワードに命を救われる。
遠く離れたところに立っていたエドワードがなぜ!そして素手の力でスリップした車を止められたのはなぜ!

トワイライト






はいっ!!
そしてなぜ!!!
ワタシはこんなにこの映画にはまっちゃったのかーーーーーーー!!!









続きを読む

バットポットにタンデムしたい~♪

darkknight 『ダークナイト/THE DARK KNIGHT』 (2008年 アメリカ)

相変わらず、マフィアと汚職のはびこる町ゴッサム。
そんな町にひとりの狂気にあふれた男が現れる。白塗りの顔に裂けた口、名刺代わりにトランプのジョーカーのカード・・・。
バットマン(クリスチャン・ベイル)が出現する夜の街を恐れ、真昼間に会合を開くマフィアにジョーカー(ヒース・レジャー)は提案する。
「資金の半分をくれたら、バットマンを始末してやる」
そうして彼のゲームは始まった。

時を同じくして、ゴッサムシティーに新しい地方検事が就任する。正義感あふれる青年検事ハービー・デント(アーロン・エッカート)はマフィアがらみの犯罪の一掃を強行に推し進める。
“光の騎士”と呼ばれるようになった青年検事を見て、ブルースは所詮“闇の騎士”でしかないバットマンの存在意義を見出せなくなる。引退してレイチェルとの結婚を夢見るようになるブルース。

ジョーカーの狙いは金ではなかった。
彼の狙いは、どんなに善良な人間も、闇の力には勝てないということを証明すること・・・



クリストファー・ノーラン監督&クリスチャン・ベール主演による『バットマン・ビギンズ』の続編。
前回同様ストーリー展開は超シリアス。人間の真相心理をゆさぶるような難題がゴッサム市民に降り注ぎます。



今回の見所は、前にも増してハイテク化したバットマンの装備&バットモービル。
そしてなんといっても、急逝したヒース演じる狂気のジョーカー。



そして・・・華流好きとして見逃せないのがエヂの登場( ̄ー ̄;
(いや~、あたしもスクリーンで見つけてびっくりよ!)



続きを読む

今日は何日?
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。