ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

陣中戯言無し

RED CLIFF: PART II 『レッドクリフ PartⅡ-未来への最終決戦-/RED CLIFF: PART II 赤壁』 (2009年 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国)

劉備軍と共に曹操軍と戦う道を選んだ呉の若き君主孫権(チャン・チェン)。劉備軍の軍師孔明(金城武)と呉の知将周瑜(トニー・レオン)の活躍により曹操軍は大敗を期すが、数で勝る曹操軍は多くの戦艦を率いて赤壁まで押し迫る。
迫る曹操軍は80万、かたや迎え撃つ連合軍は5万。

そんな折、曹操軍では暖かい気候と慣れぬ風土で疫病が蔓延。
なんと曹操は疫病にかかった兵士を船に詰め込み、連合軍へと流してきた。
あっという間に疫病がひろがってしまった連合軍、おびただしい死者が出たため自軍の建て直しを計り劉備は軍師孔明を残して後方へ撤退。
周瑜と孔明はお互いの命運をかけ曹操軍打破に向けて動き出す―――

赤壁







一回観たからか、キャストに対する違和感はまったく無くなってのパートⅡ
前回のパートⅠでは張震が一番良かったんやけど、今回良かったのは断然武ぽん。

っていうか、『赤壁』っつったら主役は孔明やもんね!


孔明



ただやっぱり疑問というかつっこみたい衝動にたえず見舞われたこの映画。
原作を逸脱しまくってた後半の方がかえって良かった!
もう三国志と思わずに観れたから(笑)









続きを読む

やっぱり鳩飛んでましたねー

赤壁 『レッドクリフ Part1/RED CLIFF 赤壁』 (2008年 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国)

西暦208年、後漢末期。
朝廷の一役人からその才能で身を起こした曹操(チャン・フォンイー)は、いまや献帝をも自在に操る強大な勢力を身につけていた。
大陸支配をもくろむ彼にとって、目障りなのは南の小国「蜀」と「呉」。この2国を討つべくかれは80万の軍勢を率い、まず劉備(ユウ・ヨン)率いる「蜀」へ襲い掛かっていた。
貧しい民をひとりのこらず率いて退却する劉備軍はわずか2万。曹操軍を前にしていまや風前の灯火となってしまった蜀を救うために、軍師諸葛亮孔明(金城武)は単身で呉の若き皇帝孫権(チャン・チェン)のもとへ同盟の進言へと向かう。
曹操の強大な軍勢に恐れをなして孫権に降伏を勧める重臣達を尻目に、同盟軍の出陣を要請するがなかなか孫権の考えはまとまらない。そんな中、重臣のひとりである魯粛の紹介で、呉の参謀であり孫権の絶大なる信頼を得ている周諭(トニー・レオン)と会う機会を得た孔明。最初は孔明に対し警戒心をあらわにして周諭であったが、お互いの人柄に惹かれあい、やがてその心は孫権にも通じ呉と蜀は同盟軍を結成することになる――――


赤壁




ワタクシ、カルく武侠ヲタ入ってるのをみなさんごぞんじでしょうか?(いまさら?)
そんなワタシのバイブル的小説が吉川英治の『三国志』
ここから全てが始まったと言っても過言ではない小説。
その後、いろんな『三国志』を読みましたが、やっぱり吉川英治の本が一番好き。

過去に横山コウキ?だったかな?って人が書いたマンガの三国志を貸してもらって少し読んだこともありましたが・・・登場人物やシーンのイメージがそのマンガの絵に固定してしまうのが怖くて結局最初の方を読んだだけで丁重にお返ししました。

それぐらい、ワタシの中では、自分の三国志の世界が出来上がってしまってるんでしょう。


(あ、人形劇三国志は夢中で見ましたけどね(笑))


そんなワタシから見たこの映画・・・・・

うん・・・

ジョン・ウー、あんたとは意見が合わんみたいやわ。
残念。







続きを読む

あなたのダイモンは・・・?

The Golden Compass『ライラの冒険 黄金の羅針盤/His Dark Materials:The Golden Compass』 (2007年 アメリカ)

舞台は私たちのすむ世界と似ているようで異なるパラレルワールド――私たちの世界では魂は肉体の中に宿るが、ライラの舞台となる世界では、魂は動物の姿をした“ダイモン”と呼ばれる守護精霊として常に傍らに寄り添っている。

12歳の少女ライラ(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は、幼い頃事故で両親を亡くし、叔父の在籍するオックスフォード大学の学生寮で暮らしていた。
ダストと呼ばれる不思議な現象の研究をしている叔父のアスリエル卿(ダニエル・クレイグ)は、ライラに寮で勉強に励むようにと言い残し、秘密を解明するべく北の国へと旅立って行く。
時を同じくして、街では次々と子供達が姿を消す事件が発生していた。そして、ライラの親友ロジャー(ベン・ウォーカー)やビリーまでも行方不明に・・・

コールター夫人そんなとき、大学へやってきたコールター夫人(ニコール・キッドマン)。学長すら歯が立たない権力者である夫人が、ライラをアシスタントとして北の国へ連れて行くと言い出した。
叔父の旅立った、あこがれの北の国へ行けると喜ぶライラ。
学長から手渡されたこの世に残るゆいいつの真理計“黄金の羅針盤”を胸に、コールター夫人と共に飛行船に乗って北の地を目指す冒険に出る―――

 

 

今月に入ってやっと見たい映画が出てきた!!!・・・と思ったら、もう来週で幼稚園の午後保育終了・・・
げげっ!!
と、とりあえず『ライラの冒険』と『ジャンパー』、もう『バチスタ』と『エリザベス』はあきらめるとして、『魔法にかけられて』と『マイ・ブルーベリー・ナイツ』は春休み中だけど見たいーーー!!
来月はいよいよ周杰倫と劉のキンピカ皇子『王妃の紋章』(←なんで邦題こないになったん??)・・・アタシ見れるんだろうか・・・たしか新一年生ってびっくりするぐらい早く帰ってくるんよねー(涙)
そうこうしてるうちに『功夫之王』!!

で、この『ライラ』
『ナルニア』ですっかりファンタジーに慎重になってしまったアタシ。
(『ハリポタ』『ロード』は大好物だけど・・・『ナルニア』はあかんかった・・・)
でも、ファンタジー狂の友人が「ライラはおもろいから!」と強く勧めるので一緒に行ってきた。

ははっ。
あたりまえにファンタジー。
メロメロファンタジー。
ストーリーとか、もうこれでもかっっちゅーくらいファンタジー。
あたりまえやな・・・

 

続き、夢のないつっこみ多数。
おまけにネタバレまで・・・
ああ・・・ひょっとしてファンタジーが受け付けないお年頃になってしまったのかしら・・・;;

続きを読む

指輪は「指戒」と書くそうです

色戒『ラスト、コーション 色戒/LUST, CAUTION』 (2007 中国・アメリカ)

1942年。日本政府の支配下にある現政府の特務機関の要人であるイー(トニー・レオン)に近づく一人の女性。夫は貿易商を営んでいるという若く美しいマイ夫人(タン・ウェイ)。
しかし、長引く戦況で夫の事業は傾き、夫はシンガポールへ、夫人は香港から上海へ行商をしているという。イー夫人の薦めでイーの屋敷の一部屋に居住するようになったマイ夫人。

色戒さかのぼること数年前。
香港大学の学生であったチアチーは、抗日運動に身を投じる青年クァン(ワン・リーホン)や他の仲間とともに抗日の舞台劇を上演、好評を期す。その後、クァンと互いに惹かれあいながら、彼に感化され抗日運動に身を投じてゆくチアチー。
学生時代に一度仲間達とイー暗殺を試みるが、陳腐な計画の中あえなく失敗。
心身ともに傷ついてしまったチアチーは仲間達の前から姿を消す。


数年後、抗日組織の一員となっていたクァンと再会したチアチー。
彼女は再び、クァンや仲間とともに本格的な抗日運動に参加。
用心深く何者をも近づけないイーに接触し暗殺の機会をうかがうという重大任務を請け負う。
身分を偽り、死と隣り合わせの世界に踏み出したチアチー。


色戒互いの胸中を探りあいながらも、死の世界から逃れるかのように激しい逢瀬を重ねるイーとチアチー。
二人の時間は本物なのか―――それとも、これも嘘なのか・・・

 

 

 

 

 

えーっと、とりあえず・・・

トニーさん、最高っ!!!!

梁朝偉

 

この、色気。どうよ。

もう、画面に出てきた瞬間鳥肌もんよ。

はっきり言って、トニーさんありきの映画でしょう。
トニーさんじゃなかったら・・・想像するだにおそろしい映画になりそうです(笑)

 

過激な性描写の部分ばかり話題が先行してしまいましたが・・・・
想像通り、過激でした(笑)
そりゃ中国でカットされちゃうわ。

でも、普段の生活とのギャップを際立たせるための演出に必要だった・・・・のでしょう。
(ううーむ、でも、正直あそこまで必要だったんでしょうか?監督。)

虚構の世界の中から真実を探すゲームのような感覚。
チアチーの目線で描かれているので、最後の最後までトニーさんの本心はわかりません。
彼女の真の姿に気が付いていながらの逢瀬なのか・・・それとも・・・

ドキドキしながら、トニーさんの表情を読み取ろうとします。チアチーも観客も。

 

 

続き、ネタバレあります。

続きを読む

下手の横好きって・・・・


WAR『ローグアサシン/WAR』 (2007年 アメリカ)


FBI捜査官のジョン・クロフォード(ジェイソン・ステイサム)とトム・ローン(テリー・チェン)は2年間の血の滲むような捜査の末、ついに伝説の殺し屋ローグを埠頭に追い詰めた。しかし、逮捕まであと少しのところでクロフォードがローグに腕を撃たれ、相棒トムの放った弾丸がローグの顔面を直撃。ローグは暗闇に沈んだ海底へと吸い込まれていく。その後、懸命の捜索にもかかわらずローグの死体はあがらなかった。
そして、ついにローグの復讐の刃はトムの一家へ襲い掛かる。
トムと妻と娘を惨殺したあと、家に火を放ち逃走したローグ。
焼け落ちた相棒の家でローグの薬莢を発見したクロフォードは、相棒を非業の死へと追いやったローグへの復讐を心に誓う―――


3年後。
チャイニーズマフィアと日系ヤクザの抗争が激化するサンフランシスコ。その抗争の間にローグ(ジェット・リー)の影が見え隠れする。再び、捜査官クロフォードの前に姿を現したローグ。
ローグ、彼は何者なのか?
彼の真の目的とは――――。


 


 


えーっと、とりあえず叫びます♪


かっこいいのよー!!
しーーーーーーふぉーーーー!!!!


ローグ
(あー、ごめんなさい。師父@ローグのワンショット画像がこれしか見当たらなくって・・・)


 


いやマヂで。


やっぱ師父のアクション最高なんだってば。


石橋凌との刀でのアクションシーンは、おもわず元甲師父がかぶっちゃったよ。


元甲師父


 


で、想像以上に良かったよ!


 


前情報を何も入れずに鑑賞するのが常のぷるる。
が、耳にしようとしなくても入ってきた情報などから、まず


ハリウッド映画という時点で、ちょっぴり心の準備を。
さらに、劇中の日本語がかなりいけてないという情報をキャッチ。
さらにさらに、連杰のアクションシーンが少ないよとの迷情報。
なおかつ辛らつな友人からは「きっとすぐに打ち切りになっちゃうんじゃない?」などとっっ!!


なにっ!?そんなにひどいのかっっっ!!!


 


以上をふまえて・・・


想像以上に良かった(笑)!!!!!


 


 


以下ネタバレあり。
でも、エンディングのあの妙チクリンなラップについてはノーコメントとさせていただきます。

続きを読む

今日は何日?
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS