ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

チョン・ウングォルはおもしろい!

太陽を抱く月 『太陽を抱く月』 (2012年 韓国ドラマ)
自身の地位を守るためには手段を選ばない大后ユン氏。外戚のユン・デヒョンと結託し保身のため異母弟を暗殺する。しかし運悪く星宿庁(宮廷の祭事を司る官庁)の巫女アリにその現場を目撃されてしまう。
大后の軍に捕らえられたアリは同じ巫女のノギョン(チョン・ミソン)に「太陽を守らなければならない月を守って欲しい」と言い残し処刑されてしまう。
時を同じくして弘文館の大提学家に女の子が誕生する。その美しい子の名前はヨヌ・・・

それから13年
若干17歳で科挙の文科に合格したホ・ヨム。兄の晴れ姿をひと目見ようと母と宮殿へ出かけたヨヌは目の前にあらわれた蝶に誘われるように宮殿の奥へと入ってしまう。
そこで風呂敷包みを抱え宮殿の壁を乗り越えようとしている一人の男の子と出会う。すっかり泥棒だと思い込んでしまったヨヌだったが、後日それが皇太子フォンであると知り驚愕する。

家庭教師となった兄ヨムを通してヨヌと文のやりとりをするうち、聡明な彼女にすっかり魅入られてしまったフォン。なんとしてもヨヌを世子嬪(皇太子妃)にと望む。

ヨムの幼馴染のヤンミョン君。王の側室の子として生まれたが、権力争いに巻き込まれることを恐れ愚鈍という仮面をかぶりふらふらと勝手気ままな生活を送っている。政に興味の無い彼だったが、たったひとつだけ願いがあった。それは友人の美しき妹ヨヌと結ばれること・・・

ついにはじまった世子嬪選び。最終にまで残ったのはヨヌとユン・デヒョンの娘ボギョン。
宮殿の門をくぐる二人の娘の姿を見かけた国巫となったノギョンは動揺する。ひとりは王妃の相を持ちながらも中宮殿の主になれない運命、もう一人は王妃の相は無くとも中宮殿の主になる運命―――
どちらがアリの言っていた月なのか・・・

大后とユン・デヒョンはなんとかしてボギョンを世子嬪にしようとするが、王を味方につけたフォンは正当な手順をふんでヨヌを選ぶ。晴れて世子嬪に選ばれたヨヌはフォンとの婚礼の日まで別宮の隠月閣で礼儀作法の研修に入る。
しかしヨヌを亡き者にしようと必死な大后とユン・デヒョンはついに国巫ノギョンの呪術の力を借りヨヌを世子嬪の座から引き摺り下ろす策に出る。
太陽を抱く月

ほどなくして謎の病に倒れたヨヌ。回復のきざしも見えず、ついには隠月閣をも追い出されてしまう。
半狂乱になってヨヌの名を呼び続けるフォン・・・しかし願いもむなしくついにヨヌは自宅で父に抱かれながら帰らぬ人となる―――

成人したフォンはいまだにヨヌを忘れられずにいた。
世子嬪となったボギョンを後ろ盾にユン・デヒョンはますます宮中での勢力を拡大、残るは世継ぎを作ることだけだったが、肝心のフォンが病がちでなかなか合宮にいたらない。

地方御行に出かけたフォンはウンと夜中にお忍びで出かけたが霧のため山中で道に迷ってしまう。そこで彼らは不思議な巫女に出会った・・・名前が無いという彼女にフォンはウォル(月)という名前をあたえる―――

太陽を抱く月




入れ込んだドラマや映画はあらすじが長くなる(笑)



いまさらですが
見たという記録のために

正月ぐらいにはまりました
いつものことながら、かなりどっぶりずっぽり

あたしのウンーーーー!!!
sun&moon






続きを読む

あたしも大科受けます!!

ソンギュンガン 『トキメキ☆成均館スキャンダル』 (2010年 韓国ドラマ)

舞台は朝鮮時代の最高教育機関『成均館(ソンギュンガン)』
(小科(科挙・・・官僚登用試験)に合格した者だけが入学を許された全寮制の学校)

老論派左議政(宰相)の一人息子イ・ソンジュン(パク・ユチョン)。文武に秀で、自ら最大派閥の老論派であるにもかかわらず党派や貴賎を超えた政治を志す。頑固で融通が効かないのが玉にキズ。
科挙の試験の最中にひとりの美しい青年が近づいてきた。彼の名はキム・ユンシク。
家の借金返済のため、金になる科挙の代筆のアルバイトをしていたのだが、どうやら依頼人を間違えたらしい。
向学心が高く、文才に長けたユンシクの才能を惜しんだソンジュン。
ソンジュンの強引な働きかけで、借金肩代わりの代わりに科挙を受け、成均館にまで入学する羽目になったユンシク。しかし彼にはある重大な秘密があった・・・
ユンシクの本当の名前はユニ。病弱な弟の薬代と家の借金のため弟の名前を借り男装していた彼女―――
女人禁制の成均館での寮生活。バレればもちろんお家断絶。彼、いや彼女は無事に寮生活を終えることが出来るだろうか――――





ユチョペンチングがずーっとずーっときゃあきゃあ言ってて
もう全然見る気なかったんっす
トンペンでもないし
ましてやユチョンなんてトンの中でも一番の範疇外(ユチョペンさんミヤネヨ~)

でも、別のお友達のブログでけっこうおもしろいって書いてあるの見て
偶然別のお友達のブログで原作本がおもしろいって書いてあるのも見て・・・

なーんかありきたりのシチュエーションっぽいけど、まあ見るかぁ~ってんで・・・


はまりました(笑)


だめだねー
あたし


でもユチョンにはまったわけじゃないから(いいわけ)




続きを読む

済州のカジノに行ってみたい♪

太陽をのみ込め 『太陽をのみ込め』 (2009年 韓国ドラマ)

ときは朴正熙軍事政権下の韓国、済州島。
国土建設団として本土より強制労働のため大勢の囚人達が済州島へ送られてきた。
その囚人の中のひとり元暴力団のキム・イルファンは奴隷のような扱いに耐えかね脱走を試みる。
しかし脱走途中で彼は銃弾を受け断崖絶壁から海へと落下。波打ち際に打ち上げられた瀕死の彼を救ったのは島の海女ミヨンだった。
イルファンを介抱するうちに二人は愛し合うようになってしまう・・・

太陽をのみ込め

そんな二人の時間は長くは続かず、ほどなくイルファンは兵士につかまりミヨンの目の前で暴行をうけ本土へと強制送還される。
ミヨンのお腹に自分の子供がいることも知らず――――

人里離れた海女小屋でひっそり男の子を産み落としたミヨン
しかしミヨンの母親は娘の将来を思い生まれて間もない子供を孤児院の前に捨てにゆく

この一部始終を見守っていたのが幼い頃よりミヨンに思いをよせていたヒョン・ギサン
やがて彼は刑事になり、この時捨てられた子供ジョンウをつねに見守り続ける




早くに母親を無くし施設で育ったジョンウ(チソン)
施設育ちの兄弟達と地元でチンピラとして生きてきたが、常に自分の人生を変えるチャンスをうかがっていた。そんな時、済州に豪奢な邸宅を構える大企業の会長チャン・ミノと出会い、これをきっかけに自分の人生を変えようと必死にミノに食らいつく。

太陽をのみ込め



体の弱い母親と惨めな暮らしをしていたテヒョク(イ・ワン)
金儲けのためにベトナムへ行ってしまったという父親を待ちながら母親は病気を患い亡くなってしまう。
母親を無くしひとりぼっちになっていまった14歳のテヒョクの前に1莫大な財をたずさえた父親チャン・ミノが現われ、彼は一変御曹司となる。
しかし父親の思い出の中に自分の母親の影が無いことを知ったテヒョクは父親に憎悪をつのらせる。

太陽をのみ込め


若い頃ベトナムの闇市場で巨万の富を築いたチャン・ミノ
その金を使って済州の開発事業へ飛び込み自分の一大帝国を築き上げる
ベトナムへ行っている間、孤児同然の暮らしをさせていた息子のテヒョクには罪滅ぼしのつもりで望むものはなんでも与えてやっていた。
目的のためなら手段を選ばない非人道的な性格の持ち主であり、彼の過去を知る者はほとんどいない。

その昔、囚人として済州へ送られた時に自分の命を救ってくれた女性を永遠に思い続けている―――

太陽をのみ込め







「オールイン」パート2と言われてたこの作品
すんません
オールイン未見なんで比べること出来ません


展開もテンポ良くて話もなかなかおもしろい



そんで、なんといってもチソンがかっこいいー!

太陽をのみ込め

太陽をのみ込め

続きを読む

エドワードはエドワードでも・・・

イ・ピョンガン  『天下無敵イ・ピョンガン』 (2009年 韓国ドラマ)
韓国トップクラスのゴルフコースを所有するシャインローズリゾート社の放蕩息子ウ・オンダル(チ・ヒョヌ)。リゾートの会長である父親が長年秘書を務めてきたチェ女史と再婚すると聞き、結婚に反対するべく留学先のアメリカから帰国。
実はチェ女史は息子のヨンリュとともにリゾートの乗っ取りをもくろんでいた。

シャインローズリゾートの有能キャディ、イ・ピョンガン(ナム・サンミ)。父がこのリゾートのコース設計者だったピョンガンの夢は、自分もいつか父のようなすばらしいコースを設計すること。しかしギャンブル好きの母親がピョンガンがこつこつためた進学費用を持って逃走。設計士への夢はますます遠くなってゆく。

そんな折、オンダルの父親である会長が脳卒中で倒れてしまう。
今がチャンスと一気にリゾート乗っ取りに動き出したチェ女史とヨンリュ。
ピョンガンの助けを借りながら、心を入れ替えた放蕩息子オンダルは父親のリゾートを守りぬくことが出来るのか!?




チ・ヒョヌペンのチングに頼まれて手に入れたこのドラマ
なんだかおもしろそうだから見たんだけど~
ん~・・・

わははー


ヨンリュのファッションに目が釘付けで(笑)

ヨンリュ

いっつも肩にかけたストールをベルトに通したはるねん
なんで?
流行の最先端??



続きを読む

今日は何日?
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS