ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

血湧き肉踊る

楊家将『楊家将 全2巻』 (PHP研究所) 北方謙三

10世紀後半。北漢の軍閥であった楊家一族は当主楊業以下、7人の息子たちからなる武官一族。しかし忠誠を誓っていた北漢はいまやねい臣はびこる滅亡間近の国に成り果てていた。腐った文官に命を狙われた楊業は忠誠のかいなしと北漢に見切りをつけへ宋下る。そしてここに五大十国の北漢は滅びる。
その後、宋の北方の守りのかなめとして君臨する天下無敵の楊家軍。対峙するは蕭太后率いる北方の軍事国家遼(契丹)。宋の雄大な中原を狙う遼。一方、燕雲十六州奪還を悲願とする宋の皇帝。





実は、わたしこの北方さんの小説読むの初めてなんです。
どうしても北方謙三と聞くと日本の歴史書小説というイメージがあって・・・

すごいっ!!

この楊家将、本国では三国志とならぶ定番の古典文学だそうです。
しらんかったよ~
とにかく、本についていた帯のうたい文句にふらふら惹かれて買った本なんですけど、超アタリでした。
まじで。
躍動感がすごい。
もう自分が楊家軍の一員で、さながら戦場にいるような緊迫感。

父、楊業率いる楊家軍の相手役として出てくるのが、遼の白き狼、耶律休哥。
この戦いざまが圧巻です。



ワタシの一番のお気に入りは四郎です。

そしてやっぱりお気に入りのくだりは、四郎率いる3千の歩兵が2万の遼軍を相手に、父楊業率いる3千の騎馬隊到着までの半日を持ちこたえるシーン。
四郎と楊業の軍の動きが読んでいてぞくぞくします。

あとは四郎と瓊峨姫との対決。ここはロマンスよね~♪


ラストは涙なくしては読めません。






えーーっと
今はアメリカ北部の田舎町フォークスで美しいヴァンパイアとの恋愛にうつつをぬかしておりますが
読み始めて2日ですでに3分の2ほど読み終わったので、ほどなく騎馬隊うごめく荒野へ戻るかと思います。

ほら、もうスタンバイOKですから!

血涙

諸葛孔明

20090827222721
読み終わってしまった…


タイトルから行って、孔明が死んで物語が終わるのがわかってたので、「出師の表」あたりから超スローペース(笑)


「死せる孔明、生ける仲達を走らす」は字面を見ただけで落涙;;



良かったです。
オススメです。

策略家孔明だけではなく、彼がなぜ天下三分の計(魏、呉、蜀による三国時代)を望んだのか、がわかります。



友達に

どんだけ好きやねん!?

って言われましたが、こんだけ好きなんです(笑)

乙女への導入書

オオカミの誘惑 『オオカミの誘惑 全2巻』 (川出書房新社) クィヨニ:著

田舎で父親と暮らしていた高校生のハンギョン。しかし父親が他界したため、再婚した母親と暮らすためソウルへ上京してきた。新しいパパとすっかり都会のマダムになったママ、数年ぶりに再会した妹のダルムと、新しいパパとの間に出来た弟ジュホ、新しい家族とともにソウルの高級マンションで生活を始めたハンギョン。
ダルムの紹介で知り合ったヘウォンは転校先の学校のトップ。なにかとハンギョンにつかっかかっては憎まれ口をたたいてくる。
一方、インターネットカフェで出逢った不思議な少年テソンは、なぜかハンギョンを「ねえさん、ねえさん」と言って追いかけてくる・・・






ぷるるがつま先から頭のてっぺんまでどっぷりつかった同名映画の原作。
女子高生が書いたインターネット小説で、1ページ目を開いた時は、横書きの上なんともクセのある文章。
でも「えー、なんだかなぁ~」と躊躇したのも、ほんの一瞬。
あっという間にヘウォンとテソンの息づく世界へと旅立ってしまいました(笑)

ビジュアル的に韓流がダメな人にもぜひぜひ読んでもらいたいなぁ~


ヘウォンとハンギョンとテソン





続きを読む

秋の夜長に・・・

ちょっと前まで、ものすごい勢いで色んなドラマを見てたのですが
最近はひさしぶりにマンガ読んでます。





花屋敷兄弟







続きを読む

夏休みももう終わり

この週末は日本一の湖へ、高校ん時の友人4家族でしじみ取りへ行って来ました。

新海浜


潮干狩りのようなものを想像して行ったら・・・
湖に入って~湖底を足でまさぐる・・・まさぐる・・・
ん?これは石か??
で足の指で物体を掴んで上げる!

おおー!!しじみじゃん!!

ってな具合に取れます。
でもかなりの確立で石です(笑)

しじみ


もぐれる者はもぐってとって、もぐれない者は足で湖底をまさぐるか、きゃーきゃー遊ぶか。

ものすごく楽しかったんだけど・・・
今回、旦那が仕事で不参加。
ちゅーことは当然あたくし運転手。
なので、せっかくのバーベキューも飲めず仕舞い・・・ちくしょー!!

最後はしじみ汁でシメ。
(食材担当の友人がミソを忘れたのだが、「しじみ汁に味噌は入れない!!」と開き直っていたので、おすまし風味で( ̄ー ̄;)

しじみ汁

おもしろかった♪
おいしかった♪

今年の夏もこれで終わりね~

あとは・・・宿題!?
今日は何日?
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS