ぷるる
妄想暴走乙女
ぷるるの自己満ブログへようこそ!

華流・韓流の世界で暴走中~

観た映画、ドラマ
テレビ番組等の覚書
(ハト脳ぷるるの忘却防止)
あとは普通の日記デス・・☆




※投稿記事に関係の無い
トラックバックやコメントは
管理人の独断と偏見で
削除させていただいております
記事&コメント
お友達
tuna.be

いろいろ

BBS

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

人気歌謡ぴあ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の中ぐらい歩きましょう

ジャンパー 『ジャンパー/JUMPER』 (2008年 アメリカ)

高校の同級生ミリーに密かに思いを寄せるデヴィット。世界旅行を夢見る彼女に、ある冬の日、デヴィットはエッフェルタワーのスノーグローブをプレゼントする。思いがけないプレゼントに喜ぶミリーだったが、そこへ現れた同級生のマークがミリーの手からスノーグローブを取り上げ凍った川の上へ投げ込んでしまう。周囲が止めるのも聞かず、凍った川の上を歩き始めるデヴィット。投げ込まれたスノーグローブを掴んだその瞬間、彼の足元の氷は割れあっという間に真冬の川へと彼の身体は沈んでしまう。
氷の下の氷点下の水中でもがきくるしむデヴィットは次の瞬間、ずぶぬれのまま図書館への瞬間移動を体験する。
自分にテレポートの能力があることを知ったデヴィットはその力を悪用し銀行から大金を盗み取ることに成功する。こうして彼は、盗んだ金と5歳の時に失踪してしまった母親の写真と共に、今の生活から脱出し、ニューヨークへと向かう。

ジャンパー

それから10年。“ジャンパー”として、悠々自適の生活を送るデヴィット(ヘイデン・クリステンセン)。かつての思い人ミリー(レイチェル・ビルソン)とイタリア旅行へと旅立つ彼だったが、つねに彼を追う者がいることに気が付く。そしてイタリアの地で、ジャンパーを抹殺することを使命とする組織“パラディン”の襲撃にあい、自分と同じ能力を持つグリフィン(ジェイミー・ベル)と出会う。




劇場鑑賞のかなわなかったこの映画。
やっと見ることが出来たわ~。

ジャンパー



ううーむ・・・ くやしいかな
これって劇場で観てなんぼやねんっ!ちゅー映画よね。

空間移動する時のあの「ばひゅっ!」ってカンジなんか、家の小さいテレビで見てもいまいち臨場感無し。ストーリーも決しておもろいわけではなかったし・・・
もーちっと、ジャンパーとパラディン、追うもの追われるものの因果関係をきっちり描いてくれたら、もっとおもしろかったんやと思うんやけど・・・
パラディンがなんであんなにジャンパーを血眼になって追い続けるのかがよくわかんない。おまけに命をかけるほどヘイデン君がミリーを好きやったとはラストでびっくり。




むむむぅ~・・・なんか不完全燃焼で終わってしまった・・・。
次こそヘイデン君を劇場で堪能するのじゃー!

あいたたたたた・・・・

サイボグジマン ケンチャナ『サイボーグでも大丈夫/I AM A CYBORG, BUT THAT'S OK』 (2007 韓国)


精神疾患を抱えた人たちが入院している病院、新世界精神クリニック。そこに瀕死の状態の一人の少女が担ぎこまれてきた。少女の名はヨングン(イム・スジョン)。自分をサイボーグだと信じ、手首を切ってラジオのコードを差し込もうとしたのだった・・・。
そんなヨングンに興味を示した、青年イルスン(ピ)。
彼は他人の性格やクセや得意技までも盗むことが出来る。
そんなイルスンにヨングンが言った・・・「私の同情心を盗んでください」



サイボーグだから彼女の「同情心」を盗むために彼女の行動を観察し始めたイルスンだったが、自らをサイボーグだと信じているヨングンが出された食事を口にせず電池を舐めて過ごしていることに気が付く。
当然みるみる弱ってゆくイルスンになんとか食事をとってもらおうと、彼は頭をフル回転させるのだが・・・。


 


 


いや~、あたしは自分に問いたい。
なぜこの前売りを買ったのか!


んー・・・
わかりませんっ!!


はっきりいって『親切なクムジャさん』(同監督作品)も受け付けなかったのに・・・・。


あえて言うなら、ドン君の映画を見た日に勢いで購入したってのと、ピは結構好きだから。


しかし・・・
やっちまったぜーーー!!


なんなのこの映画!?
監督の思想思考無理やり押し付け映画?


 


ラストもなんじゃそりゃ?で。


 


 

続きを読む

シンデレラ最高!

シュレック3『シュレック3/SHREK THE THIRD』 (2007 アメリカ)


“遠い遠い国”のフィオナ姫と幸せな結婚生活を送っていたシュレック。しかしハロルド国王-フィオナの父が病に倒れたことから状況は一変する。
絶命直前のハロルド国王に王位継承を任命されるが、王様なんてまっぴらごめん!
しかしよくよく聞けば、もうひとり、フィオナのいとこのアーサーという少年にも王位継承権があることが判明。
王位を継承してもらうため、住みなれたかび臭い我が家へ戻るため、シュレックはアーサーを探して王位を継いで貰おうと画策するのだが・・・


 



 


近所のTOHOシネマズで初めて試写会に当たりました!
いやっほー!


30日から公開のシュレック3
娘②をママ友宅に放り込み、映画嫌いの娘①と鑑賞してきました。


娘①の思考
シュレックはあんまり見たない・・・
でも、ママと二人っきりで映画なんて始めての展開
(今までは必ず娘②もあわせて3人+お友達だったからねー)
しかも夜にお出かけ・・・!(試写は18;30~ですから)

喜んで行く!!

・・・と、娘①の脳内は完全に読めてたハハ。


体操教室直後のため少々眠そうな娘①・・・・だいじょうぶかっ!?


 

続きを読む

周星馳ワールド全開

008皇帝ミッション『008(ゼロゼロパー)皇帝ミッション 大内密探零零發/FORBIDDEN CITY COP』 (1996 香港)


中国明時代。皇帝陛下の住む紫禁城は日夜、皇帝直属の秘密警備隊によって守られていた。ある日、訓練の成果を皇帝陛下の前で披露する秘密警備隊のメンバー達。その中でひとり、軽功も使えず、くだらない発明に没頭するあまり武術の訓練にもでない男――008(チャウ・シンチー)―――が、自分の発明品を陛下に披露しようとしていた。結果は失敗。こうして008は皇帝陛下の怒りを買い、警備隊をクビになる。
妻のカーリン(カリーナ・ラウ)と共に地方の産婦人科医として飛ばされてしまった008だが、夫婦仲むつまじく、あいかわらず発明を続けながら暮らしていた。
そんな折、北の金国で“天外飛仙”なるものの解剖を行うため、多数の明国の医師が招待される。
その話を聞きつけた008、自分が招待されていないのを不服に思い妻と共に金国へ向かう。
しかしそれは、金国の無想皇帝が明国の医師を皆殺しにしようと企んだワナだった―――



 


『0061 北京より愛をこめて!?』に続くスパイコメディ
・・・ということですが、ぷるるこの『0061~』は見てません。っちゅーか見るのが恐い(笑)


ぷるる、そういえばシンチーものってあんまり見てないのよねー。
『少林サッカー』もまだ見てないし。

彼の映画、アクションシーンが最高にカッコ良いよねー。(映像でもわかると思いますがシンチーさんはかなりの武侠マニアです)
この映画でも、金国へ向かうお忍び(?)の明皇帝を襲う無想皇帝一派との戦いのシーンがとっても良かった。(とどめのところですっとシンチーと妻のお食事シーンに切り替わるのもおもしろかったし)
ドタバタコメディーなんだけど、戦闘シーンはきっちり正統派で押さえてあるってのがたまらんいい!


コメディー&アクションも良かったけど、やっぱりこの映画のみどころってカリーナさんとの仲むつまじい夫婦愛?!あんな夫婦になりたかったなー(遠い目)
え?あたしには無理(笑)? 


しかしとっても残念なことに、この映画、友達にスターチャンネルを録画してもらったものだったんだけど、ラストのNGシーンが入ってなかった・・・(TT∇TT)
これはやっぱりレンタルしてでも見るべきなのかー!?



昨日TUTAYAが半額レンタルやって、まだ見てない『決戦紫禁城』を借りようと思って行ったんやけど、レジ前の長蛇の列に断念してしまった。。。
次、半額の日は『決戦紫禁城』と『食神』と、NGシーンのために『皇帝ミッション』借りるよ。


決戦・紫禁城食神



おケツにつられて・・・

潜入黒社会『潜入黒社会/Cop on a Mission 知法犯法』 (2001 香港)


しがない巡査のマイク(ダニエル・ウー)とチュン(デヴィット・リー)は、ある日巡回中に不審な男を追って立ち寄った店で、チンピラの銃撃戦に巻き込まれる。
自らも銃を抜いて犯人を射殺するが、その行為が行き過ぎであったと、署内で停職処分を食らう羽目に。しかしそれは表向きで、実は上司から潜入捜査官に任命される。狙いは香港マフィア四天王のひとり、ティン(エリック・ツァン)。
持ち前の器量と度胸で、またたく間に黒社会の頂点への階段を駆け上がってゆくマイク。
やがて彼は知らず知らずのうちに、道を踏み外してゆく―――


 



彦祖の全ケツが見れる!との情報をゲットして早速レンタル!(TTしゃ~ん、見つけたよ~♪)
確かに彦祖のひきしまったプリチーな全ケツが、惜しげもなく披露されます。以上に長く、みょーに生々しいシャワーシーンと共に・・・

彦祖がピンで主役の映画って始めて見たかなー?しかも彦祖の語りで進んでゆくストーリー。
これはファンにはたまらん一品と思うんだが・・・裏を返せば、彼に興味の無い人にはかなりキビシイ一品かも。


ストーリーはびっくりするぐらいありきたりで、なんかどっかで見たことあるよな展開。
キャストにすら意外性は無し。
しかも最初に結末がわかってるもんだから、ハラハラドキドキ感も無く・・・
いや、正直ラストでプロローグをくつがえす展開が待ってるんじゃないかと期待したんだが・・・それも無く・・・


かっこいいよねー♪やっぱ『インファ』見ちゃってるから、もうこの手のノワールは無理ね。
ぷるるはこれは彦祖のプロモーションビデオなんだ!と割り切って見ました。
だって~彼、かなりかっこいいんだもん♪
ちょっと危ない男の色気で彼にかなう人はいないわー!


 


 


 


あ、あとエリック・ツァンの眉毛!どーしたん?!


 



今日は何日?
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
トラックバック
RSSフィード
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。